就活生の皆さん、就職面接攻略のカギは何だと思いますか?
就職面接攻略の最も大きなカギは、自己PRと志望動機をどれだけ説得力のある説明ができるか否かです。

一般的な就職面接は、1次面接が若手社員、2次面接が役職者、最終面接が社長・役員という流れで進みます。
説得力のある自己PRと志望動機を説明できなくても、1次面接は通過できることはあるかもしれませんが、2次面接・最終面接の突破は難しいでしょう。
なぜなら、若手社員は一緒に働きたいか、働きたくないかという目線で合否を決定しますが、役職者や社長・役員が担当する面接では、長い目で見て会社に貢献する人材か否かという視点で合否を決定します。
つまり、自己PRと志望動機で会社にとって有用な人間であることを確実に説明する必要があるのです。

そして、就職面接ではいろいろな質問が考えられますが、自己PRと志望動機を問われない面接は存在しません。
実際に自分が回答する時間が短いという中で確実に印象を残すには、絶対に問われる質問への対策は必要不可欠です。

今回は就職面接突破のカギとなる自己PRの作成方法を3つのステップにまとめましたので、就活生はしっかり確認しておきましょう。





ステップ1:自分の長所を考えよう

自己PRって何?と思う人も少なくないと思いますが、要は自分の長所を説明するということです。
まずは自分の長所・短所を整理しましょう。
日本人ですと、短所は見つかるけど、長所が見つからないという人も多いでしょう。

しかし、全く心配する必要はありません。
長所は短所から見つけることができるのです。

例えば、短所を「優柔不断」と設定した場合、長所は「慎重かつ冷静に物事を判断することができる」ということになります。
その他、短所が「頑固」の人は、長所は「一つのことを続けることができ、やり遂げる力がある」と考えることができます。
もちろん、短所を聞かれたときは、「優柔不断」と答えるのではなく、「慎重である故に判断が遅くなってしまう時がある」というような言い方をしましょう。

ステップ2:過去のエピソードを考えよう

自己PRを説得力・リアリティのあるものにするために必要なものは、長所を裏付けるためのエピソードを添えることです。
何事もそうですが、理由を述べなければ他人を説得することはできません。
自己PRの場合、過去のエピソードという理由を添えることで、説得力そしてリアリティのあるものに仕上げることができます。

これも難しく考える必要はなく、高校での部活動、大学のサークル活動、アルバイト、資格取得、卒業論文など人それぞれ題材はたくさんあるはずです。
題材はなんでも良いのですが、大切なことはエピソードを具体的に書くことです。

例えば、「一つのことを続けることができる」という長所に対して、「小学校から高校生まで9年間サッカーを続けてきた」と説明するだけでは、どれだけ本気で12年間サッカーを続けてきたのか面接官には伝わりません。
例えば、「高校生の最後の夏は毎朝6時に学校に来て朝練習をし、夜は21時まで打ち込んでいた」と添えれば、上手い下手は関係なく、熱心に一つのことを続けてきたのだと印象を与えることができます。

作成したエピソードを何度も読み返し、伝えたいことが面接官に本当に伝わるのかを考えましょう。
そうすれば、絶対に面接官に印象を与えるものが作成できると思います。




ステップ3:仕事に結び付けよう

エピソードが完成したら、最後は自分の長所をどう生かせるかという文章を加えましょう。
ここで大切なのは、意欲的な姿勢や仕事でやりたいことをしっかり見せることです。

それほど長い文章を考える必要はなく、一言、二言で説明できればそれでよいです。
例えば、「続ける力を生かし少しずつでも前に進むことで、どんなに大変なプロジェクトでも完結させることでチームに協力したいと思います」など、自分の長所を生かして仕事をする姿を少しでもイメージさせることが大切です。

さいごに

いかがだったでしょうか?
3つのステップのうち、最も大切なのは2つ目のステップです。
説得力・リアリティのある自己PRとなるか否かがかかっています。

自己PRは一つ作ってしまえば他の会社でも使いまわしができますが、内容が薄い場合はどこを受けても薄い人間と受け取られかねません。
だからと言って、いろいろなパターンの自己PRを作るのではなく、内容が濃いものを確実に作成することを心がけましょう。