今回紹介する会社は、給料、働き方ともに非の打ち所がない就職先です。
就職することができたら本当に幸せな会社だと思います。
分析内容をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。





帝人ってどんな会社?

帝人は繊維と医療の会社です。
マテリアル事業とヘルスケア事業と呼ばれており、この二つな事業が大きな柱となっております。

マテリアル事業は主に繊維の卸のことを指し、例えば自動車・航空機の部品メーカーに繊維を卸しております。
繊維なんて使うのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、タイヤ補強材やブレーキ用摩擦材として利用されているようです。

もう一つの柱であるヘルスケア事業では、医薬品の卸と在宅医療機器の卸を行っています。
一般的な製薬会社が行う事業とほとんど変わらないとお捉えください。
つまり、帝人は化学繊維メーカーと製薬会社が合体したような会社です。

2018年の業績

2018年は売上を大きく伸ばした年になりました。
マテリアル事業、ヘルスケア事業ともに増収増益を実現しています。

帝人は海外売上が大きいため、為替相場で売上・利益が大きく変動してしまうのですが、経常利益率は着実に増やしている点については高く評価できます。。
就職するにあたって会社の業績を心配する必要は全くないでしょう。

新卒採用の募集要項

勤務地
■本社(東京・大阪)
■全国事業所(宇都宮・岐阜・三原・岩国・松山)
■全国研究所(日野・千葉・岐阜)
■全国各地の支店・営業所
給与(月給)
■高専卒: 196,800円
■学部卒: 214,350円
■修士了: 243,650円
■博士了: 279,450円
諸手当/昇給・賞与
■諸手当家族手当、住宅手当、通勤手当(全額支給)、単身赴任手当、本社勤務手当、地域手当、割増賃金、他
■昇給・賞与昇給 1回/年(4月)賞与 2回/年(6月・12月)
勤務時間
■東京・大阪本社/09:00~17:45
■各研究所/08:30~17:00
■各事業所/08:00~16:30*フレックスタイム制適用部署あり
休日・休暇
年間休日121日、完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇(初年度15日、最高20日)、リフレッシュ休暇、慶弔休暇 他
福利厚生
独身寮・社宅完備(借上げマンション含む)各種社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険)各種資産形成支援策(財形貯蓄・住宅融資・持株会・退職年金など)セレクトプラン(選択型福利厚生制度) 他
教育制度
SDP(Specialty Development Program)制度、新入社員研修、新入社員海外研修、フォローアップ研修、語学学習支援、自己啓発支援(約400種類の講座から選択)、Off-JTカリキュラム(約50種類)、資格取得援助制度、通信教育(eラーニング含む)他多数

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

平均年収の推移

平均年収は年々上昇しています。
業績が好調で利益を着実に積み上げることができているので、当然と言えば当然ですが。
今後も順調に業績が伸びてくれば、この先も平均年収が上がっていくことを期待することができる会社だと思います。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

帝人は平均線の上側に位置していることがわかります。
つまり、帝人の給与水準は上場企業企業のなかでも高いことが予想されます。

年収事例

相対的な上場企業のなかでの位置付けが分かったところで、具体的な年収事例についても確認しておきましょう。

  • 20代後半 500万円以上
  • 新卒入社8年 650万円
  • 新卒入社18年 900万円
  • 40代管理職 1000万円

口コミを見て感じたこととして、帝人の給与水準はかなり高い印象を受けました。
上記の事例を見てもわかるように、新卒入社8年で650万円ということは、30歳で650万円の年収ということになります。
これほどまでに高い給与水準を誇る会社は、上場企業と言えども決して多くはありません。
また、管理職まで昇格すれば1000万円プレイヤーも十分に射程圏内です。

そして、帝人は福利厚生もとても魅力的です。
社宅・寮が完備されていますので、独身時代は住居費をかなり低く抑えられます。
家を購入した場合であっても住宅手当が支給されますし、結婚して配偶者や子供がいれば家族手当も支給されます。
帝人で働くことができれば、お金に困ることはまずないでしょう。

働きやすさについて

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

【口コミ情報】

  • 有給休暇を取得しやすい職場環境が整備されていますし、フレックスも柔軟に利用できる。まったりとした社風なので働いていてストレスが少なく、居心地がとてもよい。
  • 自分でメリハリをつけながら働くことができます。たとえば、自分の作業量が少ない時期には長期休暇も取得することができ、周囲の目線も気になりません。
  • 有給消化率が低かったり残業が多かったりした場合、個別に理由確認が行われますので、常に働きやすい環境が整っています。

上記にも挙げましたが、口コミ情報をみるとプライベートと仕事のバランスが取りやすいという声がとても多かったです。
部署によって労働環境に差があると思いますし、繁忙期は忙しいということはあると思いますが、他の会社に比べればはるかにバランスが取りやすいと思われます。

実は、帝人は働きやすい企業ランキング上位に選ばれたことのある会社です。
介護支援・育児支援など、いろいろな制度が整備されています。

個人的に驚いた制度としては、配偶者の転勤にあわせて転居先の近くの事業所への異動を配慮する「夫婦帯同転勤制度」です。
パートナーの転勤を理由に異動できる制度なんて、私は聞いたことがありません。
全国展開するほどの大企業で、かつ職場環境整備に尽力する会社でなければこの制度は作ることはできませんから。

帝人は社員それぞれ環境が違うことを深く理解し、様々なケースに対応した働き方を提供している会社です。
就職人気は高いことが予想されますが、帝人に就職できれば幸せなことだと思います。

より具体的な内部情報が欲しいのであれば、OBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用も検討しましょう。

平均勤続年数の推移

帝人の平均勤続年数はとても長いです。
給与水準は高くて、働きやすい環境が整備されていますので当然です。




さいごに

いかがだったでしょうか?
帝人は給与水準が高くて、ワークライフバランスも文句なしの会社です。
間違いなく勝ち組就職先です。
繊維事業や医療事業に興味がある人は、就職候補先として検討することをおすすめします。