ブラック企業と一言で言っても、人それぞれ考え方が違うと思います。

例えば、長時間労働が強いられるけれど、残業代がしっかり出る会社をブラック企業と思いますか?
おそらく、人によっては、残業代が支給されれば、ブラックではないと考える人もいるのかなーと思います。

このように、ブラック企業の判断基準は人それぞれです。
しかし、長時間労働を強いられ、サービス残業が横行していて、給料もそれほど高くないとしたらどうでしょう?
おそらく、ほとんどの人がブラック企業と判断するのではないでしょうか?

そして、今回紹介するサンドラッグですが、正真正銘のブラック企業だと思います。
これほど労働環境が過酷な会社はなかなかありません。

実際に退職した方の退職理由の口コミ情報から、闇の深さを検証していきたいと思います。





会社としては業績好調

退職理由を紹介する前に、サンドラッグという会社を知らない人のために簡単に事業を説明します。
サンドラッグという会社ですが、関東圏に住んでいる人は知っている人も多いと思いますが、東京西部地盤のドラッグストアです。
徹底したコスト管理、店舗運営マニュアルを武器に、効率的な経営を行っております。

その結果、売上は年々増加し、直近の決算では5,000億円を大きく上回っています。
利益率も安定して高い水準をたたき出しています。
後ほど労働環境の劣悪さを説明していくのですが、高い利益率は過度な人件費削減、つまりサービス残業横行の賜物である気がします。

人手不足で長時間労働が蔓延

退職理由から、労働環境の劣悪さを考えていきたいと思います。
企業口コミサイトや様々な掲示板から集めた社員の口コミ紹介してきましょう。
と、その前に一つだけ。
就活成功のためには企業口コミサイトは非常に有益な情報が溢れておりますので、活用を検討してはいかがでしょうか。
詳しくは、「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」をご覧ください。
では見ていきます。

【退職理由の口コミ】

  • 人が少なすぎる。他の店舗への応援も行かされるため、残業時間は増える一方。
  • 人手不足で休憩がとれない。
  • 朝7時から夜10時まで通して働き続けるためきつい。
  • 拘束時間が長く、朝6時に家をでて、夜23時に帰宅するという生活を送っていた。

サンドラッグではひどい人手不足に陥っていることから、長時間労働が常態化しています。
人員が足りないため一人一人の業務量が増えてしまい、休憩時間すらとれない状況です。

サンドラッグは、完全に負のスパイラルに、はまっていると考えて良いでしょう。
人手か足りない→一人当たりの業務量が増加→人がやめていく→人手かもっと足りなくなる
という、スパイラルに歯止めがかからない状況です。
給料を今以上に上げれば定着率はよくなるかもしれませんが、このあと説明しますがサービス残業が横行しているようでは改善の可能性はないでしょう。

サービス残業が横行

【退職理由の口コミ】

  • サービス残業は当たり前の社風。慢性的な人で不足。拘束時間は12時間を超える。休憩は2時間で設定されているが、実質は15分しか取れない。
  • 作業量は多く、サービス残業は当たりまえであるため、残業代はほとんどでない。

労働時間が長い上に、残業代が支払われないなんてブラック企業の典型です。
口コミによると、休憩時間は2時間で設定されていて15分しかとれないようですが、労基署が入ったら一発アウトです。
それに、休憩時間の労働時間についても残業代は支給されないなんてひどすぎますね。

誰か労基署に訴えを起こせば、過去2年くらいのサービス残業代は支払ってもらえると思うので訴えてもいいレベルだと思います。
口コミを見ている限りだと、2年間のサービス残業時間が500時間くらいある人も少なくないと思うので、時給2000円の計算でも1人100万円くらいは返ってくるのではないでしょうか?
休日残業、深夜残業はもっとかけ率が上がるため、実際にはもっと高額になると思います。

休日は研修に強制参加

【退職理由の口コミ】

  • まだ新卒ですが、退職を検討しています。月に休みは9日ですが、半分以上は無給で研修に参加させられる。
  • 入社から3年くらいは休日研修が発生。給料は出ないし、代休もない

サンドラッグは、休日研修が入社後3年間は受講を義務付けれれているようです。
一見、社員育成に資するので、悪くないのではないかと思ってしまう方もいるでしょう。

しかし、口コミを見ている限りだと研修は業務命令で休日に実施されていると考えられます。
つまり、この休日に行われる研修は業務であり、給料が発生するべきです。
これについても給料が支払われていないのであればサービス残業と同じです。
月3回が3時間の研修と仮定すると、年間108時間のサービス残業が発生していることになります。
誰も労基署に訴えをおこさないとしたならば、不思議でなりません。

自己研鑽目的で自分が応募した研修は普通のプライベートなのでご注意を。

転勤が多い

【退職理由の口コミ】

  • 人材不足であるため、県外への異動もかなり多い
  • とにかく転勤が多い。若い人はどこかの地方に飛ばされてしまうこともよくある。

長時間労働、サービス残業の実態で十分にブラック企業だと思うのですが、それに加えて転勤が多いとなると、従業員には大きな負担が強いられていることが予想されます。
転勤は他の企業でもよくある話ですが、こんなブラック企業である上に転勤を強いられてしまうと心が折れてしまう人も多いのではないでしょうか。

身体を壊す人がいる

【退職理由口コミ】

  • 身体を壊したため退職しました。女性としては、倉庫から商品を持ってきたり品出しもきつくて、人が少ないためなかなか人に任せられなかった。
  • 休憩が取れない人が多く、身体を壊してしまう人も多い

長時間労働、サービス残業、転勤・・・
身体を壊す人がでて、当然です。
むしろ、身体を壊さない人のほうがすごいです。
おそらく、女性であっても遠慮はないと思うので、就職を考えているいるのであれば考え直したほうがいあと思います。




さいごに

いかがだったでしょうか?
長時間労働を強いられ、残業代はでない。
身体を壊す人も多く、挙句の果てには転勤も非常に多い。
こんな会社をブラック企業と呼ばずに、どんな会社をブラック企業と言えますか?

ちなみに、平均勤続年数はたったの7.8年です。
小売業界はただでさえ他の業界よりも平均勤続年数が短いのですが、その小売業界の中でも平均勤続年数は最低レベルです。
ブラック企業の中でも、闇が深い会社だとは思いますので、当然といえば当然かもしれません。

サンドラッグは毎年大量の新卒採用を行っていて、就職四季報2018によると、直近では280名の採用を行っているようです。
しかし、口コミ情報にもありましたが、大量に採用しても大量に辞めていくようです。
就職を考えている人も少なくないと思いますが、大半の人がすぐに辞めてしまう会社なので、考え直すことも検討してみてはいかがでしょうか。