2018年の鉄鋼・非鉄金属業の平均年収ランキングをまとめました。
ランキングの対象は上場企業です。




鉄鋼・非鉄金属業の平均年収ランキング

鉄鋼・非鉄金属業に興味がある方で、就職先の給料が気になる方は必見です。
では、ご覧ください。

会社名 年収
1 住友電気工業 804万円
2 古河機械金属 775万円
3 住友金属鉱山 774万円
4 カナレ電気 759万円
5 日立金属 754万円
6 山陽特殊製鋼 741万円
7 フジクラ 739万円
8 古河電気工業 739万円
9 大同特殊鋼 737万円
10 三井金属鉱業 726万円
11 パウダーテック 722万円
12 東洋鋼鈑 713万円
13 愛知製鋼 710万円
14 三菱マテリアル 699万円
15 大紀アルミニウム工業所 697万円
16 栗本鐵工所 689万円
17 UACJ 688万円
18 新報国製鉄 681万円
19 大和工業 674万円
20 東京製鐵 669万円
21 日本精線 667万円
22 リョービ 663万円
23 淀川製鋼所 655万円
24 三菱製鋼 647万円
25 中山製鋼所 644万円
26 丸一鋼管 636万円
27 CKサンエツ 635万円
28 モリ工業 630万円
29 タツタ電線 629万円
30 東北特殊鋼 628万円
31 中央可鍛工業 628万円
32 中部鋼鈑 624万円
33 日本金属 618万円
34 日本冶金工業 612万円
35 共英製鋼 606万円
36 新日本電工 602万円
37 沖電線 601万円
38 新日鐵住金 597万円
39 大阪チタニウムテクノロジーズ 595万円
40 東京特殊電線 595万円
41 朝日工業 592万円
42 神鋼鋼線工業 590万円
43 日本伸銅 585万円
44 合同製鐵 585万円
45 大阪製鐵 578万円
46 アーレスティ 577万円
47 東京鋼鐵 576万円
48 日本鋳鉄管 569万円
49 虹技 564万円
50 日本精鉱 559万円
51 日本高周波鋼業 557万円
52 大平洋金属 556万円
53 オーナンバ 554万円
54 鈴木金属工業 550万円
55 高砂鐵工 550万円
56 アサカ理研 549万円
57 平河ヒューテック 548万円
58 東邦亜鉛 548万円
59 北越メタル 541万円
60 メタルアート 541万円
61 神戸製鋼所 540万円
62 東邦チタニウム 538万円
63 三ッ星 535万円
64 東京鐵鋼 530万円
65 サンユウ 529万円
66 日本電線工業 509万円
67 FCM 508万円
68 新家工業 506万円
69 中外鉱業 501万円
70 日本鋳造 501万円
71 日亜鋼業 498万円
72 エヌアイシ・オートテック 495万円
73 東邦金属 466万円
74 シンニッタン 453万円
75 大和重工 432万円
76 エス・サイエンス 383万円





1位が住友電気工業、2位が古河機械金属、3位が住友金属鉱山という結果でした。
この業界は、財閥系の会社のお給料が高いですね。
三菱、三井、住友が会社名に入っている会社は、いずれもランキングの上位に位置しています。

平均年収が1000万円を超える会社はありませんが、40歳前後で役職がつけば年収1000万円を狙える会社は多いと思います。
安定性を求める方にとっては魅力的な会社が多い業界なのかもしれません。







コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください