田舎に就職してもいいとお考えの就活生の皆さん、強くおすすめできる就職先を紹介します。

本社は長野にありながら、給与水準は首都圏の上場企業に全くひけをとらず、ワークライフバランスも大切にできる就職先です。
なんといっても、子どもの学校行事は休むのが当たり前の会社です。

ワークライフバランス重視型の就活生の方は、是非ご覧ください。





セイコーエプソンはセイコーグループではない

実は、エプソンの正式会社名はセイコーエプソンと言います。
具体的な内容の前に、セイコーとの関係を明らかにしましょう。
とても、ややこしいので。

とても紛らわしいのですが、別会社でセイコーホールディングスという会社があります。
しかし、セイコーエプソンはセイコーホールディングスの子会社ではありません。
資本関係は多少ありますが、2017年3月時点では、セイコーホールディングスのセイコーエプソン株保有率はたったの3%です。

一応、セイコーの創業家の方も一部株式を保有していますが、セイコーエプソンの経営に影響を与えるほどではありません。
したがって、以後セイコーエプソンをエプソンと呼ぶことにします。

エプソンの業績はとても好調

エプソンを知らない人は少ないと思いますが、主軸はインクジェットプリンタです。
年末に年賀状を作るときにお世話になっている人も多いのではないでしょうか。
プロジェクター、マイクロディスプレイ、水晶デバイス、半導体などの「電子デバイス」なとも製造販売していますが、一番の主力はインクジェットプリンタです。

少し余談ですか、インクジェットプリンタって家電量販店に行くと、たった1万円くらいで購入できますよね。
とても安いと思いませんか?
実は、インクジェットプリンタ本体は、ほとんど利益を乗せていないのです。
むしろ、赤字です。

逆にインクってとっても高いと思いませんか?
実は、インクはとても安価に製造できて、莫大な利益を乗せているのです。

つまり、本体は赤字でも多く販売し、インクで儲けを生み出すビジネスモデルになっているのです。
本体を買った人は、インクを購入せざるをえませんからね。
悪質にも思えるかもしれませんが、とてもうまくできたビジネスモデルです。

そして、業績はといいますと、直近の決算で売上高を少し落としています。

エプソンは、海外売上高が多いので、為替の影響に大きく左右されます。
直近の決算では円高影響を大きく受けたことが要因で、本業でつまずいたわけではありません。

経常利益率をみても、悪い水準ではありません。
為替影響に左右されてしまうものの、それでも安定した業績を維持できる会社です。

平均年収は5年前と比べると格段の違い

評価ポイントの一つでもありますが、エプソンは社員の給料アップに積極的です。
5年前と今では、社員の平均年収はびっくりするくらい上昇していて、およそ180万円も上昇しているのです。
これは、本当にものすごい上げ幅です。

確かに最近、大企業は国から賃上げを要求されているますが、ここまで社員に還元している会社も珍しいです。

給与水準はハイレベル!長野県で大金持ちになれる!

給与水準ですが、かなり高いです。
下図は製造業120社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものですが、エプソンは中央のピンクのライン(平均線)よりも上側に位置しているのがわかると思います。
つまり、上場している製造業の中でも、給与水準はかなり高いことが分かるのです。

また、エプソンの本社ってどこにあるか知っていましたか?
改めてになりますが、本社所在地は長野県です。

そして、エプソンの給与水準は首都圏の上場企業と遜色ないことが予想されますのて、長野県という地方で暮らしたら、間違いなく大金持ちになれます。
僕も地方出身ですが、地方では物価も安く、何より住居費が格段に安いです。
逆に首都圏は高すぎです。
エプソンに入社できれば、立派な一軒家を建てることも可能でしょう。

働きやすい環境が整備

エプソンは、業績は安定していて、給与水準も高い上に、ワークライフバランスもとても充実できる会社です。

就職四季報2018の情報を紹介すると、3年後離職率5.5%、有給消化年平均は11.4日です。
離職率はかなり低いですね。

でも、ちょっと待ってください。
有給消化日数は、多くないですよね?
これにもからくりがあります。

実は、エプソンの年間休日は129日で設定されているのです。
通常、土日、祝日、年始が休みの会社であれば、年間休日数は120日になります。

つまり、エプソンでは、それ以外に年間9日を会社の休日と設定しているのです。
したがって、普通の会社よりもデフォルトで休みが多い会社です。

また、口コミサイトに掲載されていた労働環境の口コミをみると、その働きやすさが見えてきます。

と、その前に一つだけ。
就活成功のためには企業口コミサイトは非常に有益な情報が溢れておりますので、活用を検討してはいかがでしょうか。
詳しくは、「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」をご覧ください。
では見ていきます。

  • デフォルトの休みが129日あり、そのうち5日は有給のようにいつでもとれる。
  • フレックス制が導入されているので、出社時間と退社時間は個人の判断で調整できる。
  • 有給取得について、理由を聞いてくる人はいなく、自由に取得可能。
  • 残業は厳しく管理されているので、時間的にはバランスはとりやすい環境である。
  • 子供の授業参観や、部活の試合応援のため、男性社員が頻繁に休みを取得している。周りも嫌な顔一つしない。
  • 子供の学校行事であれば、休むのが当たり前である。
  • 休日出勤は非常に稀で、年に1回あるかないか。残業もすべて申請可能。

とても働きやすい環境が整備されている様子かわかりますよね。

特に、結婚して子供がいる家庭にとっては最高の環境だと思います。
子供の学校行事への参加に、ここまで寛容な会社は珍しいのではないでしょうか。
より正確な情報が欲しいのであれば、キャリア相談を含めたOBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用も検討しましょう。

平均勤続年数はとても長い

働きやすい環境が整備されている証拠に、エプソンの平均勤続年数はかなり長いです。
平均で社員が19年も働く会社なんて、すごすぎです。
会社業績、給与水準、ワークライフバランスの全てが揃っている結果、驚異的な定着率が実現されているのでしょう。
上昇思考の方には物足りないかもしれませんが、労働環境に関しては、言うことなしです。





さいごに

いかがだったでしょうか?
エプソンは、会社業績が安定していて、給料もよくて、ワークライフバランスを大切にできる会社です。
なかなか、こんな優良就職先は存在しません。

しかし、一つ難点なのは本社所在地が長野県であることです。
東京や大阪といった都会で暮らしたい人は、就職はおすすめできません。
もちろん、首都圏の勤務地もありますが、本社が長野である以上、長野で暮らすことは覚悟しておいた方がいいと思います。

長野に住むことが許容できさえすれば、これ以上ない就職先です。
長野県でお金持ちになれること間違いなしです。