今回は業績、給与水準は悪くないのですがワークライフバランスは保証できない会社を紹介します。
商社はそれなりに忙しい業界ですので、商社希望の方はそもそもワークライフバランスを望んでいないかもしれませんが、いろんな媒体から情報収集することが必要です。





サンワテクノスってどんな会社?

サンワテクノスは、電子、機械の専門商社です。
扱う商品も半導体から一般の機械装置までと非常に幅広いことが特徴です。
仕入先は約1,500社、顧客は約3,000社に上り、なかなか大きな専門商社です。
海外にも多くの拠点を構えていて、中国やシンガポールをはじめとするアジア各地、アメリカ、メキシコ、ドイツといった欧米にも子会社を構えています。
海外で働きたい人には、そのチャンスは大きいでしょう。

2018年の業績

産業用エレクトロニクス・メカトロニクス業界においては、スマートフォン向けの需要が鈍化しているのですが、自動車関連業界向けの需要は引き続き堅調を維持していて、半導体関連業界、産業機械業界についても好調が続いています。
スマートフォンの需要鈍化というマイナス要素があるものの、他の需要が大きいことで2018年3月期の売上は大きく伸ばしております。
利益率は高いとは言えませんが、安定的に黒字をしっかり確保できているので悪くはないと思います。
そもそも、商社は卸売業ですので、単に商品を流しているだけの会社です。
なかなか高い利益率を狙うことは難しいと思われます。
そのなかで、黒字を安定的に計上できていることは評価できます。

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

平均年収の推移

サンワテクノスの業績は継続してよかったのですが、これまでは社員の給料が大幅アップという様子は見られませんでした。
しかし、2018年3月期の平均年収は他の期に比べるとかなり増加しております。

なかなか社員のお給料を上げることは勇気のいることですので、サンワテクノスはその時期を入念に選んでいたのかもしれませんね。
当期の賞与は他の期よりも1か月分以上多く支給されていることでしょう。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

サンワテクノスは平均線の上側に位置していることから、上場企業の中では給与水準は高いと予想されます。
平均年収は600万円台にのせましたし、今後も期待できる就職先です。

働きやすさについて

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

  • サービス残業が多く、評価による給与UPを見込むことができない。
  • 仕事量が多く、昼休みすら取れない社員も多い。でも、上司はそんな人に声をかけることすらしない。自分から主張しても、自分で何とかしろと言われる始末
  • 月曜日は有給取得してはいけないという暗黙の了解がある。身体を壊してまで働く必要はないと思い、退職を検討している。
  • 残業が常態化している。会社としては働き方改革に乗り出しているが、現実的に仕事は回らない。
  • 転勤が非常に多く、プライベートとのバランスをとることは難しい
  • 営業部門でもバックオフィス部門でも、ゴルフをやることを強制される。ゴルフが好きなおっさんだらけで、休日に社内コンペの出席を強制される。
  • 長期休暇は取得することはかなり難しい。
  • 社内、取引先との飲み会が多く、早く上がれても帰りは結局遅くなる。

口コミ情報にはネガティブな情報が集まりやすいことは間違いないのですが、それを差し引いても、口コミを見る限り働きやすい環境が整備されているとは思えませんでした。
残業が多いだけであれば耐えられる人もいると思いますが、会社の飲み会、接待が多く、休日にはゴルフにもつき合わされるとなると、ストレスが溜まってしまう方は多いのではないでしょうか。
商社ではよくある話のようにも感じますが、ワークライフバランスを大切にすることは難しいのかもしれません。

その他の口コミ情報として、昼休みすらまともに取得することができないという口コミもありました。
どこまで本当なのかについては疑問に感じる部分もありますが、働きやすさには期待しない方が良さそうです。
ワークライフバランスを少しでも大切にしたいと思うのであれば、他の就職先を探すことをおすすめします。
会社にとっても、就活生にとっても、その方が幸せです。
より確実に情報を得たいのであれば、キャリア相談を含めたOBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントを利用することを検討してもよいでしょう。




さいごに

いかがだったでしょうか?
サンワテクノスは業績、お給料はよいのですが、ワークライフバランスは保証できません。
専門商社は華やかなイメージがあるかもしれませんが、給与面と労働環境が両方整備されている会社は少ないように感じます。