サイゼリヤはお金はかなり貰えるけど長く勤めるのは大変だと思う

サイゼリヤは、時間外手当、休日手当、深夜手当などがでるため給料は高いです。
しかしワークライフバランスを大切にしたいのであれば、十分な情報収集のもと就職を決意した方がよいでしょう。
それでは、分析結果を見ていきましょう。





サイゼリヤってどんな会社?

サイゼリヤを知らない人は少ないと思いますが、ファミレスの大手企業で、全国展開している会社です。
国内に約1000店舗、海外に約300店舗を展開しています。

朝から夜遅くまで営業していて、食事したり、時間を潰したりできるのでとても便利だと感じている人も少なくないのではないでしょうか。
営業時間は朝10時から始まり、深夜2時まで営業している店舗もあります。

2018年の業績

業績は非常に好調です。
売上は5年間上昇を続けており、経常利益率も5%以上ですので、飲食業界の中ではかなり高いと言えます。

売上高にいたっては、5年前と比べると約1.4倍にまで増加しています。
勢いに乗っている会社と評価できます。
確かにお昼時はいつも混んでいるイメージがありますし、業績がよいのも頷けます。

新卒採用の募集要項

募集内容
グローバル社員(マネジャー 総合職)
応募資格
高等学校、専門学校、高等専門学校、短期大学、四年制大学、大学院 卒
仕事内容
サイゼリヤのイノベーションに挑戦し続ける、グローバルマネジャー変革の最前線である店舗でマネジャーとしてのキャリアをスタートします。チェーン店ならではの運営ノウハウやビジネススキルを習得しながら、どんな地域でもお客さまやメンバーに満足してもらえる店舗づくり、関係性づくりでマネジメントのプロを目指します。より高度なマネジメント、リーダーシップについての技術・技能を高め、食堂業の未来を担う人財として難易度の高い仕事に挑戦していただきます。
勤務地
日本全国および海外拠点
※引っ越しを伴う転勤があります。
勤務時間
1ヶ月単位の変形労働時間制
※業務計画に合わせて1カ月単位の勤務シフトを作成します。(2016年4月入社者残業時間実績:月平均残業時間15.4時間)
休日/休暇
年間休日116日(年間所定労働時間1,992時間)
月間休日8~10日(曜日はローテーション制)(2016年4月入社者休日数実績:月平均休日数8.6日)
年次有給休暇 入社6ヶ月後10日(最大20日)
年2回の4連休制度
産前産後休暇
介護休暇・子の看護休暇
育児休業制度
育児期間中(小学校3年生まで)の時短勤務制度および深夜勤務免除制度
給与/諸手当
【初任給】四年制大学、大学院卒:207,500円
専門学校、高等専門学校、短期大学卒:192,000円
高等学校卒:179,000円
交通費別途全額支給、各種手当も別途支給されます。
残業手当は別途全額支給されます(入社1年目の年収実績 平均年収:3,708,648円)
注:2016年4月入社大卒平均、平均残業15.4時間、賞与含む家族手当、通勤手当、ポジション手当、深夜勤務手当、時間外勤務(残業)手当、休日出勤手当
待遇/福利厚生
賞与:年2回(6月、12月)
定期昇給:年1回(4月)
昇格昇給:受験資格に応じて年1回(9月)
ストックオプション制度あり
【保険】雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、厚生年金基金
【福利厚生】従業員食事補助制度(勤務時に1,620円までの食事が6割引きで利用できます)サイゼリヤ従業員持ち株会制度資格取得支援制度(食品衛生・防火管理)育児、介護休業制度独身寮、社宅借上制度退職金給付制度(確定拠出年金)株式給付信託(J-ESOP)
教育
【社内】新入社員研修マネジャー基礎研修食文化の体験研修など
【社外】チェーンストア研修ファンクショナル・アプローチ専門研修など

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

サイゼリヤですが、意外だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、給与水準は悪くありません。
むしろ、下図を見ればわかるのですが平均線の上側に位置していますので、上場企業の中でもかなり高い水準にあります。

年収の具体的事例

給与水準が高いと言っても、具体的なイメージが湧かない方もいると思いますので、口コミ情報を確認してみましたのでご覧ください。

  • 新卒入社4年目 440万円
  • 新卒入社10年目 540万円
  • 地区長 600~700万円

口コミ情報をみたところ、入社してすぐに年収は400万円を超えるみたいです。
つまり、日本人の平均年収に新卒後すぐに達することができるということになります。

そして、サイゼリヤの良いところは福利厚生が手厚いことです。
社宅はなんと2万円で借りることができて、食事は60%引で食べれるみたいです。
いつか飽きが来ると思いますが、サイゼリヤの食事が60%offで食べれるのはうれしいですね。

平均勤続年数の推移

これまでサイゼリヤは業績が良くて、給与水準も高いと説明してきましたが、平均勤続年数は決して長くありません。
いろいろな要因があると思いますが、労働環境が影響していると思われます。

営業時間は朝10時から始まり、深夜2時まで営業している店舗もあると、会社説明にてお伝えしましたが、これはつまり、この時間に従業員が働いているということを意味します。
消費者にとってはとてもうれしいことですが、従業員にとってはつらいと感じてしまうこともあるでしょう。
デパート、スーパー、家電量販店など様々な小売店がありますが、サイゼリヤほど営業時間は長い店というのはなかなかありません。
居酒屋は夜通しオープンしている店も多いですが、日中は閉まっていますし、サイゼリヤより営業時間が長いのは、コンビニか牛丼屋くらいしかないような気がします。
営業時間の長さから、社員の負担が大きくなっていることは確かでしょう。

働きやすさについて

サイゼリヤは、平日・休日・祝日を問わず営業しています。
もちろんシフトを組んで計画的に従事しますが、従業員は、平日・休日・祝日を問わず働かなければいけないことになります。
土日・祝日にしっかり休みたい人は、就職先を考え直した方がよいでしょう。

また、働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

  • 全体的に人手不足。アルバイトなどが少ない店舗では、正社員が働く。インフルエンザでも働いた。
  • 土日休みはほぼ不可能。
  • 12時から翌2時まで拘束されることもある。(実働8時間、休憩6時間)休憩時間とみなされれば、給料は発生しない。
  • 若い社員は月7~9日の休みは約束されているが、職階が上がるにつれて保証されない。

いろいろ口コミ情報を確認してみましたが、ネガティブな意見が多いように感じました。
確かに営業時間が長い店舗で人手不足の状況であれば、一人当たりの労働時間はどうしても多くなってしまいます。
それに、職階が上がれば責任も重くなるので、悪い状況が重なれば拘束時間が長くなってしまうのかもしれません。

また、本当か嘘かわかりませんが、12時から翌2時まで拘束され、休憩時間を6時間とみなされるのはさすがにひどいと思います。
休憩時間6時間なんて聞いたことがありませんし、本当であるならば恐ろしい環境です。




さいごに

いかがだったでしょうか?
給料はそれなりに出していて、福利厚生も手厚い点は評価できます。
ただ、拘束時間が長いことが予想されるので、割に合うのかは疑問です。。
小売業はその性質上、ワークライフバランスの取りづらい業界ですのである意味仕方ない部分もあると思いますが、ワークライフバランスを大切にしたいのであれば、就職は考え直した方がよいのかもしれません。
より正確な情報が必要なのであれば、OBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。




就職したい企業が見つからない方へ

MeetsCompanyへの参加を検討してみてはいかがでしょうか?
様々な業界の会社の話を聞くことができますので、関心の幅を広げるという意味でも、非常によい場だと思います。

  • 年間のサービス利用者約10万人、就職決定者約5000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
  • 東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等全国各地で採用イベントを開催。
  • 東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能

参考になる動画