就活生のみなさん、給料だけで就職先を選ぶと必ず後悔します。
給料が良くても、労働環境が良くないと、なかなか長く働くことは難しいものです。

サイゼリヤは、時間外手当、休日手当、深夜手当などがでるため給料は高いようですが、労働環境には疑問が残ります。。
ワークライフバランスを重視したい人には全くおすすめできない就職先です。





飲食業界では優秀な業績を実現

サイゼリヤを知らない人は少ないと思いますが、ファミレスの大手企業で、全国展開している会社です。
国内に約1000店舗、海外に約300店舗を展開しています!

朝から夜遅くまで営業していて、食事したり、時間を潰したりできるのでとても便利だなーって感じます。
営業時間は朝10時から始まり、深夜2時まで営業している店舗もあります。

業績は非常に好調です!
売上は5年間継続して伸びており、利益水準も5%以上を叩き出していて、飲食業界の中ではかなり高いと言えます。

売上高にいたっては、5年前と比べると約1.4倍にまで増加しています。
勢いに乗っている会社と評価できます。
いつも混んでいるイメージがあるので、業績がよいのもうなずけます。

小売業界の中では給与水準は非常に高い

サイゼリヤですが、意外なことに給料はなかなかよいのです。
正直、しっかり調べるまでは、安い給料で働かされているのかと思っていたのですが、社員はなかなかの給料を貰っているのです。

下図は小売り業界45社について、平均年齢と平均年収を散布図にしたものですが、サイゼリヤは中央のピンクのライン(平均線)の上側に位置していることが分かります。
つまり、同世代の他の企業に勤めている社員より年収が高ということが言えて、つまりは給与水準が高いことが分かります。

しかし、実は、給与水準の高さにはからくりがあります。
サイゼリヤは労働時間が長時間であるため、残業手当・夜勤手当・休日手当が非常に多く支給されていると予想されます。
労働環境については後程詳しく説明します。

年収の具体的事例

  • 新卒入社4年目 440万円
  • 新卒入社10年目 540万円
  • 地区長 600~700万円

入社してすぐに年収は400万円を超えるようです!
ちなみにこれも残業が影響しています。

ただ、サイゼリヤの良いところは福利厚生が手厚いことです。
社宅はなんと2万円で借りることができて、食事は60%引で食べれるみたいです。

独身であれば、お金に困ることはないでしょう。
ただ、使う時間はないかもしれませんが・・・

給与が多くて平均勤続年数が短い理由は?

これまでサイゼリヤは業績が良くて、給与も多いと説明してきましたが、平均勤続年数は小売業界の中でも短いです。
いろいろな要因があると思いますが、労働環境が影響していると思われます。

まず、営業時間を考えてみましょう。
昼前から翌2時まで営業している会社なんて珍しいと思いませんか?
デパート、スーパー、家電量販店など様々な小売店がありますが、サイゼリヤほど営業時間は長くないです。
サイゼリヤより営業時間が長いのは、コンビニか牛丼屋くらいじゃないでしょうか。

拘束時間が非常に長い

サイゼリヤは、平日・休日・祝日を問わず営業しています。
つまり、従業員は、平日・休日・祝日を問わず働かなければいけないことを意味しています。

サイゼリヤの営業時間は、店舗によって違いますが、朝10時~翌2時までの営業店舗がそれなりに存在します!
利用者にとっては非常に便利ですが、従業員にとっては地獄だと思いませんか?
シフトが組まれているとはいえ、拘束時間は12時間を超えるときもあるようです。

口コミサイトの口コミを見ると、労働環境の実態が分かります。
と、その前に一つだけ。
就活成功のためには企業口コミサイトは非常に有益な情報が溢れておりますので、活用を検討してはいかがでしょうか。
詳しくは、「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」をご覧ください。
では見ていきます。

  • 全体的に人手不足。アルバイトなどが少ない店舗では、正社員が働く。インフルエンザでも働いた。
  • 土日休みはほぼ不可能。
  • 12時から翌2時まで拘束されることもある。(実働8時間、休憩6時間)休憩時間とみなされれば、給料は発生しない。
  • 若い社員は月7~9日の休みは約束されているが、職階が上がるにつれて保証されない。

かなり過酷な労働環境であることがうかがえます。
様々な意見があるかもしれませんが、個人的には、これほど長い休憩時間を勤務時間とみなさないのはひどいと思います。

この会社で働くには、相当な愛社精神がないと、精神的にキツイと思います。




さいごに

いかがだったでしょうか?
給料はそれなりに出していて、福利厚生も手厚い点は評価できます。

とはいっても、1日の拘束時間は12時間を軽く超えて、昼12時から深夜2時まで働く人もいる労働環境には驚きです。

小売業はその性質上、ワークライフバランスの取りづらい業界ですが、サイゼリヤは特に難しいと思われます。
ワークライフバランスを重視したい人にはおすすめできない就職先です。
より正確な情報が必要なのであれば、OBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。