ライフコーポレーションは、給料はいまいちですが、働きやすい環境が徐々に整いつつある会社です。
ひと昔前は不満の声が多いようでしたが、労働環境の改善が進んでいるようです。
スーパーへの就職を検討している方はぜひご覧ください。
それでは分析結果を見ていきましょう。





ライフコーポレーションってどんな会社?

東京と近畿圏にお住まいの方は馴染みのある人も少なくないでしょう。
大阪と東京の2本部体制で、近畿圏と首都圏に出店している食品スーパーです。
生鮮食品(鮮魚・青果・精肉・惣菜)、一般食品、インストアベーカリー、衣料品、日用雑貨、生活関連商品など提供しているものは多岐にわたります。

業績は好調

業績は非常に好調で、売上・利益ともに5年間連続で右肩上がりです。
スーパーマーケットですので利益率は高くはありませんが、5年間赤字に陥ることなく利益を出し続けています。
企業努力が実を結んでいるのでしょう。
消費者も安いものを好むので、なかなか難しいかもしれないですが、利益率をもう少し上げれたらよいですね。

新卒採用の募集要項

職種
総合職
※入社後、店舗スタッフとして配属します。
※将来的には副店長・店長などの店舗管理職や、バイヤー・トレーナー・店舗開発・営業企画・販売促進・総務・経理・人事などの本部スタッフなど、多彩なキャリアパスがあります。多数ある店舗の中から、通勤時間・適性部門等を考慮し配属店舗・部門を決定します。
勤務時間
変形労働時間制(実働8時間/日)
給与
■大学卒初任給
首都圏 225,000円
近畿圏 220,000円
■短大専門卒初任給
首都圏 195,000円
近畿圏 190,000円
昇給
年1回(5月)
賞与
年2回(7月・12月) ※2016年実績:4.8ヶ月/組合員平均
諸手当
地域手当、家族手当、役職手当、交通費全額支給(社内規定による)
休日・休暇
週休2日制(シフト制/月9~10日休み)
4~7日の連続休暇制度、有給休暇(初年度10日)、
慶弔休暇(結婚等)、産前産後休暇
※年間休日115日
福利厚生
社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
一時金融資、財形貯蓄、退職金、社員持株会、共済会、
従業員割引販売、契約リゾート施設/サービス利用可、
育児休業、育児短時間勤務、介護休暇、介護休業、再雇用ほか
採用学部・学科
全学部全学科

出典:ライフコーポレーションホームページ

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

平均年収の推移

業績が好調ということもあり、平均年収は徐々にではありますが上昇している状況です。
利益率が上がってこないと大幅に給与を上げることはできませんが、それでも少しずつ上昇していることが分かります。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

ライフの給与水準は、平均線の下側に位置しています。
つまり、給与水準は上場企業の中では低いということが予想されます。
ライフは上場企業といっても食品スーパーの会社ですので、この結果は仕方ないのかもしれません。

年収事例

上記散布図だけでは給与水準を具体的にイメージすることは難しいと思いますので、掲示板や口コミサイトに掲載されている口コミ情報を紹介します。

  • 新卒2年目 320万円
  • 新卒5年目 350~400万円

この情報を基に推測すると、おそらく新卒で30歳まで働いても、年収は400~450万円の水準と予想されます。
福利厚生についても、特に目立ったものはないようです。
首都圏で暮らすとなると、もしかしたらお金に苦労してしまうかもしれません。

平均勤続年数の推移

ライフコーポレーションは給与水準は低いですが、平均勤続年数は非常に長い会社です。
また、5年間の推移をみても、平均勤続年数は5年連続で上昇を続けています。
つまり、給与水準は低くても、長く働きたいと考えている社員が多いということが予想されます。

働き方について

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

【従業員の口コミ情報】

  • 会社全体として残業を減らす努力をしている。
  • サービス残業の禁止が徹底されつつある。
  • 残業代がつくようになった。

口コミを見ていくと、徐々にではありますが労働環境が改善していて、残業が少しずつ減っているという口コミもありました。
また、休みについても、週休2日は確保されるようです。

ただ一方で、ネガティブな意見も根強く残っていますので、同様に口コミ情報を紹介します。

  • 土日がない。
  • 連休がとりづらい。
  • 部門によっては、朝早く、夜遅いということもある。

おそらく、労働環境改善の過渡期・転換期なのかもしれません。
ただ、小売業界である以上、土日休みはあきらめた方がよさそうです。
友達や家族と休みを合わせて出かけたい人は、この会社に限らず小売業界の就職はお勧めしません。




さいごに

いかがだったでしょうか?
ライフコーポレーションは決して給与水準が高い会社ではありません。
しかし、利益が少ない中でも徐々に平均年収は上昇しており、働き方改革も行われています。
企業として、従業員の待遇を改善しようという意思があることは非常に評価できます。

給与は少ないかもしれませんが、この先働きやすい環境が整備される可能性も少なくはないので、食品スーパーへの就職・転職を考えている方は一度検討してはいかがでしょうか?