2018年の製薬会社の平均年収ランキングをまとめました。
ランキングの対象は上場企業です。




製薬会社の平均年収ランキング

製薬会社にご関心がある方で、就職先に給料の高さを求める就活生は必見です。
では、ご覧ください。

会社名 年収
1 シンバイオ製薬 1195万円
2 第一三共 1104万円
3 アステラス製薬 1079万円
4 エーザイ 1045万円
5 武田薬品工業 1038万円
6 中外製薬 953万円
7 塩野義製薬 919万円
8 小野薬品工業 905万円
9 アンジェス MG 886万円
10 田辺三菱製薬 876万円
11 生化学工業 866万円
12 大日本住友製薬 862万円
13 協和発酵キリン 836万円
14 JCRファーマ 820万円
15 参天製薬 819万円
16 持田製薬 813万円
17 ツムラ 804万円
18 あすか製薬 788万円
19 科研製薬 781万円
20 キッセイ薬品工業 774万円
21 日本新薬 770万円
22 オンコリスバイオファーマ 750万円
23 ロート製薬 747万円
24 大幸薬品 742万円
25 日水製薬 740万円
26 鳥居薬品 740万円
27 ラクオリア創薬 739万円
28 栄研化学 735万円
29 ゼリア新薬工業 691万円
30 カイオム・バイオサイエンス 689万円
31 ナノキャリア 685万円
32 日本ケミファ 680万円
33 日医工 676万円
34 アールテック・ウエノ 672万円
35 久光製薬 652万円
36 キャンバス 641万円
37 富士製薬工業 635万円
38 ジーンテクノサイエンス 634万円
39 メドレックス 620万円
40 東和薬品 617万円
41 医学生物学研究所 601万円
42 カルナバイオサイエンス 600万円
43 UMNファーマ 588万円
44 沢井製薬 579万円
45 ビオフェルミン製薬 577万円
46 森下仁丹 576万円
47 わかもと製薬 562万円
48 扶桑薬品工業 550万円
49 カイノス 545万円
50 ペプチドリーム 529万円
51 有機合成薬品工業 526万円
52 ダイト 521万円
53 オンコセラピー・サイエンス 499万円
54 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 489万円
55 中京医薬品 465万円
56 免疫生物研究所 392万円





1位がシンバイオ製薬、2位が第一三共、3位がアステラス製薬という結果でした。
いずれの会社も、平均年収1000万円を超えております。

製薬会社は他の業界の会社に比べると、給与水準が非常に高い傾向にあります。
日本人の平均年収が400万円ちょっとであることを考えると、今回のランキングのほとんどの会社が日本人の平均年収を軽く超えていることになります。
平均年収500万円を超えている会社が56社中52社であることからも、給与水準が高いことが分かるでしょう。

今後、国によって薬の値段が下げられてしまうことが考えられるため、不安要素も少なくない業界ではありますが、お給料を就職先に求めたいのであればおすすめの業界です。







コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください