就活生の皆さん、ブラック企業を探すのは簡単でも、ホワイト企業ってなかなか見つからなくないですか?
働きやすい環境が整っていても、事業運営に不安があったり、何かしら欠点はあるものです。

しかし、今回紹介する会社は、弱点がとても少ない就職先です。
業績は高い位置で安定していて、給与水準は高く、ワークライフバランスも保てる理想の会社です。

内定のハードルは多少高いかもしれませんが、就職できれば勝ち組間違いなしなので、ぜひ検討してほしい就職先です。





オムロンは高収益体質の会社

オムロンと聞くと、血圧計や体温計をはじめとする健康医療機器を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
しかし、それはオムロンの事業のほんの一部にすぎなくて、主軸事業は制御機器事業です。
特に、工場のなかでの異常(位置・長さ・段差・変位・外観など)を確実に検出・計測し、分析・解析し対処する制御機器が主力製品です。
その他にも、家電製品や携帯電話に組み込まれている電子部品、車載電装部品なども製造販売しています。

オムロンの業績ですが、直近2年くらいは売上が減少傾向にありますが、経常利益率は依然として7、8%程度を維持しているため、効率よい経営を行っていると思われます。
最近の為替円高影響がマイナス方向に働いているにもかかわらず、なかなか頑張っています。
業績はとてもいいとは言えませんが、可もなく不可もなくと言ったところでしょう。

給与水準は非常に高い

オムロンは日本を代表する大企業の一つです。
最近の業績について停滞していることは否めませんが、売上高は8,000億円程度である上に利益率も高いため、獲得利益は莫大な金額になります。

莫大な利益を獲得できれば、必然的に社員の給料は高くなります。
下図は、製造業120社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものですが、オムロンの給与水準はピンクのライン(平均線)の上側に位置していることがわかります。
つまり、給与水準は上場している製造業の中でも高いことが言えるのです。

年収事例

実際の年収事例を見た方がイメージしやすいと思いますので、紹介します。
口コミサイトから情報を拾ってきました。

  • 入社6年目 560万円
  • 入社10年目 650~750万円
  • 40歳代管理職 1000万円程度
  • 部長クラス 1300万円程度

口コミ情報を見る限りでは、給料に対する不満は少ないように感じました。
事実、給与水準は悪くないように思います。
むしろ、管理職レベル、たぶん課長レベルだとは思いますが、40歳くらいから1000万円プレイヤーを狙えるなら、上場企業の中でも給料はかなり高いと思います。

また、若い人にとっても福利厚生は整備されているようで、入社して数年は寮や借り上げのマンションに住むことが可能です。
就職できれば、お金に困ることはまずないでしょう。

ワークライフバランスはとてもいい

これまで、オムロンは高収益体質の会社で、給与水準もとても高いと説明してきました。
だいたい、この手の会社は、社員を酷使して、社員のワークライフバランスがおろそかになってしまっている会社が多いのですが、オムロンは違います。
社員にとって働きやすい環境が、しっかり整備されているのです。

まずは、口コミサイトに掲載されていた社員の口コミ情報を見てみましょう。
と、その前に一つだけ。
就活成功のためには企業口コミサイトは非常に有益な情報が溢れておりますので、活用を検討してはいかがでしょうか。
詳しくは、「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」をご覧ください。
では見ていきます。

  • フレックスタイム制度があるので、10時30分~15時30分のコアタイム以外の時間は自由に勤務時間を設定できる。
  • 個人の営業成績さえ達成していれば、勤務時間については何も言われない。残業しないことは効率がいいことなので、残業しないことが良しとされている会社である。
  • 1年に1回5連続休暇を取得することが義務付けられている。(毎年1回9連休を取得できる。)
  • 20時以降残業するのは、基本的にはNGである。
  • 水曜日は定時退社日であり、部署によって守られていないところも一部あるが、私は早く帰ることができている。
  • 深夜残業は皆無である。
  • 部署によって忙しさに差はありますが、忙しい部署でも残業は月40時間程度。

労働環境に対する不満の声は、とても少なかったです。
もちろん、不満の声はありましたが、忙しい部署でも残業時間は月40時間であれば、かなりのホワイト企業と考えられます。

また、早く帰っても何も言われない雰囲気というのは、思いのほか大きいです。
僕も早く帰りづらい会社で働いたことがありますが、この雰囲気はかなり辛いものがあります。
遠慮せずに帰れる雰囲気の会社は、日本では未だに珍しいと思いますので、就職先として強くおすすめできます。

勤続年数の上昇が働きやすさの証拠

平均勤続年数は5年間一貫して上昇しています。
業績は安定していて、給料もよくて、ワークライフバランスも保ちながら生活できれば、辞めたいと思う人が少なくても当然です。

ただ、平均勤続年数が上昇しているけれど、直近の決算でやっと平均水準に追いついたところです。
つまり、他の会社同様に退職したいと思う人が一定数存在するのです。

ちなみに、どんな人がオムロンを退職したいのかと言うと、一言で言えば上昇思考の人です。
退職理由の口コミを見る限りでは、このまま働き続けると他の会社で使い物にならないんじゃないかとか、ベンチャーで働いてみたいという人が退職を決意しています。
オムロンの社員は優秀な人が多そうなので、そのような人が一定数いることは不思議ではありません。

また、会社の待遇に不満を持って転職を決意する人はほとんどいませんでした。
おそらくオムロン以上の待遇の転職先は、なかなか探すのが難しいと予想されますし、オムロンで長く働くことが一番と考える人が多いと思います。
より正確な情報が欲しいのであれば、キャリア相談を含めたOBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用も検討しましょう。




さいごに

いかがだったでしょうか?
オムロンは、業績安定、給料が高くて、ワークライフバランスも大切にできる完璧な会社です。
間違いなく、勝ち組就職先に位置付けられるでしょう。
内定がもらえればラッキーですので、ぜひ就職を検討してみてはいかがでしょうか?