同じ成果でも、長時間働いた人が評価されるって理解できますか?
私には全く理解できません。

新日鐵住金は、日本を代表する企業で、グローバル展開も進んでいます。
総合職の給料はとても高くて魅力的に見えるのですが、その職場環境はストレスがかなりたまると思います。
特に、合理的な人であればあるほど。

今回は新日鐵住金について企業研究してみましたので、最後までお付き合いください。





新日鐵住金ってどんな会社?

起源をたどると、八幡製鉄所の流れをくむ超名門企業です。
旧新日本製鐵と旧住友金属工業が2012年10月に合併したことで今の新日鐵住金が誕生しました。

粗鋼生産量は国内シェア4割を超えるリーディングカンパニーで、全世界でも第2位を誇ります。
鉄という素材は身近な自動車や家電から大規模構造物やインフラまで、あらゆる分野で利用される基幹素材で、全世界共通で使用されているものです。
そのため、現時点でもグローバル展開が進んでいて、今後はより一層グローバル展開が進んでいくと考えられます。

業績についてですが、資源を扱っている企業ですので、市況の変化を強く受けてしまいます。
つまり、毎年外部環境が大きく変わるので、業績は安定しにくいのです。

最近は売上高と利益率ともに下落しています。
資源安を背景に鋼材価格などの販売価格下落が収益を押し下げたほか、円高による採算悪化が影響しているようです。

個人的には、このような不安定の業界のなかで、着実に利益を出し続けているのは流石だと思います。
日本を代表する企業ですので、体力はあると思いますし、最近の業績が悪いからといって会社の安定性に不安を抱かなくてもよいと思います。

給与水準は公表数値に騙されてはいけない

まずは、下図をご覧ください。
下図は、上場企業727社の平均年齢と平均年収の関係を散布図に表しています。

新日鐵住金はというと、ピンクのライン(平均線)の下側に位置しています。
つまり、普通に考えると新日鐵住金の給与水準は低いということになります。

しかし、よく考えてみましょう。
本当に新日鐵住金の給与水準は低いのでしょうか?

鉄鋼業の日本ナンバーワン企業で、世界シェアでみても第二位の会社の給料が低いわけがありません。
新日鐵住金は、総合職とそれ以外で大きな給与格差があるのです。

口コミサイトから、実際の給与事例を調べたのでご覧ください。

総合職

  • 新卒3年目 550万円~600万円
  • 新卒5年目 750万円
  • 新卒8年目 840万円
  • 35歳 960万円
  • 40歳 1100万円
総合職以外(製造・工程作業など)

  • 新卒2年目 350万円~400万円
  • 新卒9年目 380万円
  • 30代 400万円

全然違いますよね。
これは、就職四季報の情報ですが、総合職だけで年収を平均すると、平均年収は1000万円を超えるそうです、
さすがは、新日鐵住金です。

新日鐵住金の社員数は2万人を軽く超えます。
そのなかで総合職の方の割合はそれほど多くないことから、会社全体の平均年収は低い水準になってしまうのでしょう。
つまり、新日鐵住金は、会社のなかで給与格差が大きい会社だと考えられます。

働きやすい環境ではない

この会社、総合職の給料はめちゃくちゃ高いことはお伝えした通りです。
そのため。新日鐵住金に就職できたとしたら、世間一般では勝ち組と言われるでしょう。

しかし、個人的には新日鐵住金は必ずしも勝ち組就職先ではないと思います。
その理由は、働き方にあります。
口コミサイト、掲示板に掲載されていた実際の社員の口コミをご覧ください。

と、その前に一つだけ。
就活成功のためには企業口コミサイトは非常に有益な情報が溢れておりますので、活用を検討してはいかがでしょうか。
詳しくは、「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」をご覧ください。
では見ていきます。

  • 総合職にワークライフバランスという概念は存在しない。たとえ同じ結果を出したとしても、長時間働いた方が評価される傾向が強い。でも納期に間に合わないとそれはそれで怒られる。その絶妙なバランスが難しい。
  • 本社部門は終電やビルの消灯などの概念があるが、製造拠点では車通勤が基本なので繁忙期は日が昇るまで働き、朝シャワーだけ浴びて再出社ということがザラにある。
  • 所属部署によるところが大きい。営業でいうと、ある部門は毎日深夜残業して休日出勤も多く、土日も電話がかかってくるというところがあれば、お客様扱いで休みが取れる営業部門も存在する。
  • 入社当初は完全なブラック企業であったものの、最近は徐々に社会の流れを受けて変わってきた。しかし、それでも残業は依然として多く、仕事が好きな人が多いため、私生活を重視することは難しい。
  • 若手スタッフは業務負荷が大きいです。あの業務量を月40時間の残業でこなせる人などいないと思う。それでも残業規制は絶対なので、パソコンを持ち帰って家でサービス残業を行っている人がものすごく多い。
  • 残業や休日出勤した人が偉いという風潮がある。

日本を代表する企業が、まさかの成果主義ではないということにとても驚きました。
同じ結果を出しても長時間働いた人が評価されるなんて、なぜそんなことが起きるのでしょうか?
正直、意味がわかりませんね。

普通に考えれば、同じ成果であれば、より短い時間で答えを出した方が優秀に決まっています。
まあ、昔ながらの古い考えが残っているのでしょう。

そんな理解できない環境のなかでひたすら長時間労働、サービス残業、休日出勤をし続けなければならないなら、高い給料をもらったとしても、私なら就職したいと思いませんね。
不幸になる絵しか浮かびません。
付き合い残業とか本当にストレス溜まりますし。




さいごに

いかがだったでしょうか?
新日鐵住金は日本を代表する大企業で、世間一般から勝ち組就職先と考えられている会社です。
たしかに、総合職は給料はめちゃくちゃ高くて、お金に困ることはないでしょう。

しかし、職場では強いストレスを感じてしまうことも少なくないでしょう。
社員の口コミを見る限り、ワークライフバランスという概念は存在しないように思えますし、長く働いた人が優秀と評価される会社ですので、合理的な人には合わないと思います。

一度きりの就職活動は今後の人生を大きく左右しますので、当サイト以外にも公開情報、就活サービスサイト、キャリア相談を含めたOBOG訪問、インターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントを活用しながら、幅広く情報収集して十分な検討を重ねることをおすすめします。