NOKはお金は良いが、働き方は運の要素がある就職先

お問い合わせいただいた会社について企業研究してみました。
知名度は高くないかもしれませんが、そこそこの規模の会社ですので、就職先として考えている人も少なくないと思います。





NOKってどんな会社?

オイルシールというものをご存知でしょうか。
あらゆる機械について、その機能を十分に発揮するため潤滑油が使われているのですが、オイルシールは、この潤滑油が漏れないように「密封する」ためのものです。
自動車をはじめ、航空、船舶、情報機器、家電製品、医療機器など、機械のあるところに必ずシール製品が使われています。

NOKは自動車向けオイルシールにおいて、国内70%、海外50%のシェアを誇っています。
そこまで目立つ製品ではないのですが、マイナーな市場をほぼ独占しているので、会社としては非常に安定しております。

2018年の業績

前年に比べると、2018年3月期は売上を伸ばしました。
シール事業の影響が大きく、自動車向けについては、国内での好調な需要に加え、中国での日系車の好調を受けて、販売は増加しました。
一般産業機械向けについても、中国を中心とした建設機械市場の回復に加え、工作機・ロボット市場等も好調に推移した事により、販売は増加しました。
年度によって売上高の上下はありますが、利益率はそこそこ高い水準を維持しておりますので、高収益体質の会社とみて間違いないと思います。

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

NOKは平均線の上側に位置していることから、給与水準は上場企業の中でも高いことが予想されます。
売上規模7000億円を誇る会社なので、当然と言えば当然です。

年収事例

給与水準について上場企業の中での相対的な位置付けが分かったところで、具体的な年収事例について確認しておきましょう。

  • 新卒1年目 400万円
  • 新卒29歳 550万円
  • 35歳営業 600万円(家族手当と残業を入れれば700万円くらい)
  • 40歳課長 700万円~800万円

口コミを見た印象としては、残業代込みではあると思いますが、30歳で600万円近くの年収を得ることができる会社だと思われます。
想像通り、それなりに高い給与水準だと思います。

また、給料はもちろん良いですが、NOKは福利厚生が手厚い会社でもあります。
普段生活していて、最もお金のかかる費用は住居費だと思いますが、NOKの場合、その住居費をほぼ0円で生活を送ることができるかもしれません。

具体的に説明すると、30歳までは独身寮で暮らすことができ、30歳を過ぎてしまうと独身寮を出ないといけないようですが、結婚さえすれば、借り上げ社宅(月10万円くらい)に住むことができ、家賃を15年間全額負担してもらえるようです。

結婚するつもりがない方にとってはメリットが小さいかもしれませんが、結婚願望がある方、もっと言えば30歳までに結婚したいと考えている方にとっては、お金の面で苦しむことはない就職先だと思います。
ただ、結婚については、なかなか思い通りにいくものではないので、不確実性はありますが。

働きやすさについて

業績とお金のことだけでみれば、NOKは文句なしの就職先なのですか、働き方については、運に左右される可能性が高いです。

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

  • 残業の多さは部署による部分が大きい。定時で帰れるところもあれば、中にはかなりの残業を強いられる部署も。
  • 部署によっては有給消化しづらい雰囲気のところがあるのは事実。
  • 部署によってではあるが、仕事のバランスが悪く、できる人に仕事が集中し、特定の人のワークライフバランスが崩れている。
  • 部署によるが、私の部署は設計部で、毎日忙しくて帰る時間も遅くなってしまったため、家族との時間はなかなか作れなかった。
  • 部署にもよるが、傾向として本社勤務、間接部門は残業は少ないように思う。ただ、事業部の工場勤務のエンジニアなどは、かなりの残業を強いられていた。今は改善しているのかもしれないが、当時は残業100時間やっている印象はあった。
  • 上司にもよるが、休む時に理由を聞かれ、その妥当性を問いただされる。また、体調不良で休むと、予定していた休みは休めなくなる。30年近くサービス残業が当然と思っていた人の意識を変えることは、なかなか難しいと思う。

NOKの口コミを見ていると、「部署によるが」というコメントが非常に多いように感じました。
確かにある程度大きな企業ですと、いろいろな部署があり人がおりますので、働きやすさはどうしても配属部署や上司に左右されてしまいます。

最近では残業抑制など働き方改革が進んでいるようですので、少しずつ改善しているとは思うのですが、頭が切り替わらない部署や上司が多いのも事実なのだと思われます。
もちろん全ての部署で悪いとは思いませんが、歴史も古い会社ですので、昔ながらの慣習というものは存在するはずです。

また、あと1つこの会社に就職することを考える上で覚悟しておかなければならないことは、全国各地に勤務地があることです。
したがって、全国各地にとばされることに嫌悪感を抱くのであれば、就職は辞めておいた方が良いでしょう。
これも全国展開している会社であればどうしようもないのですが。
また、NOKだけでなく、全ての会社に共通すると思いますが、就職活動のなかで「異動については希望を聞く」と人事が発言するかもしれませんが、基本的には希望は通らないと考えておいた方が良いでしょう。
確実に情報を得たいのであれば、キャリア相談を含めたOBOG訪問やインターンシップの活用も考えてみましょう。




さいごに

いかがだったでしょうか?
NOKはお金の面については全く問題ない就職先です。
しかし、働き方という面を考えると、リスクはあります。
しっかりと将来の働き方というものを考えて、就職先の候補とするのか見極めることをおすすめします。




就職したい企業が見つからない方へ

MeetsCompanyへの参加を検討してみてはいかがでしょうか?
様々な業界の会社の話を聞くことができますので、関心の幅を広げるという意味でも、非常によい場だと思います。

  • 年間のサービス利用者約10万人、就職決定者約5000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
  • 東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等全国各地で採用イベントを開催。
  • 東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能

参考になる動画