クレハは働き方は最高な就職先!従業員が不安を抱えるが決算は好調

今回紹介する会社は、働きやすくていい会社であることは間違いないと思うのですが、従業員が会社の先行きに不安を抱える会社です。
ただ、今期の決算は好調でしたので、そこまで心配しなくても良いとは思うのですが。





クレハってどんな会社?

クレハは、くるっくるっクレラップのCMでお馴染みの会社です。
NEWクレラップは日本で最初に登場した家庭用ラップで、代表的なロングセラー商品です。
もちろん、クレラップのほかにプラスチックや炭素製品、医薬品、農業用殺菌剤など幅広く展開しています。

2018年の業績

2018年3月期の売上は非常に好調でした。
特に、機能製品事業が大きく売上を伸ばしたことが影響しております。
機能樹脂分野で、リチウムイオン二次電池用バインダ-用途向けのフッ化ビニリデン樹脂、PPS樹脂、シェ-ルオイル・ガス掘削用途向けのPGA(ポリグリコ-ル酸)樹脂および加工品の売上げが増加し、この分野での売上げ、営業利益も増加したとのことです。
前2期は売上を下げていたので心配でしたが、心配材料が少し減ったような気がします。

新卒採用の募集要項

初任給
学部卒:222,780円
修士了:240,860円
博士了:258,400円
(2017年度実績、ともに勤務地手当を含む)
昇給・賞与
昇給年1回・賞与年2回
勤務地
本社:東京(中央区)
本社別館:東京(新宿区)
営業所:大阪、仙台、名古屋、福岡
工場:いわき(福島県)、小美玉(茨城県)、丹波(兵庫県)
研究所:いわき、小美玉
勤務時間
 本社、本社別館、営業所、研究所(小美玉):9:00~17:30
工場(いわき)、研究所(いわき):8:30~17:00
工場(小美玉、丹波):8:45~17:30
※一部フレックスタイム制あり
休日・休暇・休業
週休2日制(土・日)、祝日、年末年始 など、年間休日数119日(2017年実績)
年次有給休暇(初年度14日、2年目15日、以降1年ごとに1日加算し、最高は20日)、時間単位有休
転勤休暇、慶弔休暇、生理休暇、育児休業、介護休業 など
教育・研修
新入社員教育、OJT、役割別研修、海外・国内留学制度、海外子会社トレーニング派遣、論文審査制度、語学教育、各種学会・講習会派遣 など

出典:クレハホームページ

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

クレハは平均線の上側に位置していることから、給与水準は上場企業のなかでは高いことが予想されます。

年収事例

給与水準について上場企業のなかでの相対的な位置付けが分かったところで、具体的な年収事例を確認しておきましょう。

  • 新卒3年目 450万円(研究開発)
  • 新卒7年目 500万円(研究開発)
  • 35歳 550万円(間接部門)
  • 40代管理職 1000万円

口コミを見ていると、給料が高くないと不満を感じている社員が多い印象を受けましたが、年収事例を確認した限りではそれほど低いようには感じません。
もしかしたら、化学メーカーのなかではそれほど高くないのかもしれませんが、上を見たら切りがありませんし、他の業界の会社も含めて考えればそれほど悪い水準でもないと思います。
住宅手当などの福利厚生はしっかりしているみたいなので、お金に困ることはないでしょう。

働きやすさについて

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

  • 仕事の量とプライベートのバランスは個人の能力にも左右される部分はあるが適度だと感じます。有給も希望すれば、特に問題なく取得できる環境にありますし、残業も全体的に少ないと思います。
  • アットホームな雰囲気の会社で、変なストレスを感じることはありません。人間関係をきちんと形成し、仕事管理ができれば融通の利く働き方が可能です。
  • ワークライフバランスは非常にとりやすい会社です。20時くらいになると、数人しか会社に残っていないほどです。
  • 部署による部分もあるが、ワークライフバランスはかなりとりやすく、有給も好きなときに取得できます。
  • やることさえやっていれば、定時に帰ろうが有給をとろうがなにも言われません。

クレハは給料については不満を抱いている社員が多かったですが、働きやすさについては満足度がかなり高い会社です。
もちろん口コミのなかには不満の声もありましたが、9割の口コミはワークライフバランスに満足しているものでした。

仕事をしっかりこなすことが前提ですが、定時に帰ろうが、有給を取得しようが何も言われない環境は素晴らしいですね。
上司が残っていて帰りづらいという会社はとても多いのですが、クレハのようなアットホームな雰囲気を持つ会社は珍しいです。

そして、女性にとっても働きやすい環境が整備されていることも特徴です。
2016年3月時点の情報ですが、全体の平均勤続年数は18.6年ですが、男女別にみると、男性の平均勤続年数は17.7年、女性の平均勤続年数は19.9年です。
つまり、女性が長く働ける会社であることが予想されます。

平均勤続年数の推移

クレハの平均勤続年数はとても長いです。
上場企業の中でもおそらく長い部類に分類されると思います。

業績が停滞気味で、給与水準に不満を感じている社員が多いながらも、平均勤続年数が他の化学メーカーに比べて長いということは、働きやすい職場環境が寄与しているところが大きいのでしょう。

退職理由

クレハは働きやすい職場環境が整備されていることは間違いないと思うのですが、退職していく人も一定数存在します。
では、なぜ働きやすい環境が整備されている会社を退職するのでしょうか。
もちろん、給料アップを目論んで辞めていく人はいると思いますが、口コミを見ると意外な理由が見えてきます。

【退職理由】

  • 会社の先行きが不安である。活躍の場も限られている。
  • 営業力はなく、技術力に頼りすぎている体制であるため、新しい技術発展がない今、全体的に会社の先行きが不安である。
  • 良くも悪くも保守的な会社であり、事業の先行きが不安なため。

上記口コミを見ても分かる通り、今後の会社の将来性を危惧して退職していく人が少なからず存在しました。
業績は良くもないですが悪くもないのでそこまで心配する必要はないと思いますが、中にいる人は、外から見るよりも心配に感じているようです。
確かに前2期は売上を下げていましたので、不安に感じても仕方ないのかもしれません。
ただ、今期の決算は非常によかったので、そこまで心配しなくても良いような気がします。
より正確な情報が欲しいのであれば、OBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用も検討しましょう。




さいごに

いかがだったでしょうか?
クレハの働きやすさは、化学メーカーでも随一であることは間違いないでしょう。
ワークライフバランスを大切にしながら働きたいというかたは、就職を検討してみてよいと思いますが、社員の中に不安を抱える人がいることは念頭に置いておいても良いのかもしれません。




就職したい企業が見つからない方へ

MeetsCompanyへの参加を検討してみてはいかがでしょうか?
様々な業界の会社の話を聞くことができますので、関心の幅を広げるという意味でも、非常によい場だと思います。

  • 年間のサービス利用者約10万人、就職決定者約5000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
  • 東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等全国各地で採用イベントを開催。
  • 東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能

参考になる動画