今回は製薬会社の志望動機について紹介します
最近は薬の価格が落ちていることから業績が不安定な製薬会社もありますが、高収入を狙える人気の業界であることは依然として変わりません。
それではご覧ください。





志望動機実例の紹介

早速ですが、今回取り上げる志望動機実例を見てみましょう。
MR職の志望動機になります。

私がMR職を志望する理由は「医薬品を通じて多くの患者さんを助けたいから」です。私は医薬品と医療への興味から薬学部に進学しました。大学で医薬品について学ぶ中で「医薬品の情報を提供することで患者さんに貢献したい」と思うようになり、MRの仕事に興味を持ちました。その中で貴社のMR職を志望するのは、貴社が育薬研究とエビデンス解明に力を入れているからです。漢方薬は近年ニーズが増加していますが、エビデンスが解明されていないものが多いです。だからこそ、エビデンスが解明に力を入れている貴社に惹かれました。また、貴社は漢方薬でのシェアが大きいため、安定性を感じました。貴社のMR職として、西洋薬と漢方薬の融合による医療を提供することで「患者さんに貢献したい」という私の夢を実現したいと思っています。

どのように感じたでしょうか?
感じ方はもちろん人それぞれではあると思いますが、良い点と改善した方が良いと思う点について、説明していきましょう。

実体験と結びついた志望動機である

個人的な率直な印象としては、全体的によくできた志望動機だと思います。
他の就活生と相対的に比べたとしても、決して悪くない文章だと思います。
特に、自分の経験に基づいている点がとても良いです。

この方が根源的にやりたいと感じていることはことは、「患者さんに貢献したい」、この一点だと思われす。
これを踏まえたとき、この方の文章は、なぜ「患者さんに貢献したい」と思うようになったのかについては言及されておりません。
しかし、薬学部に進学したという事実については明確に語られております。

「患者さんに貢献したい」と思ったからこそ薬学部に進学したので、読み手は強い意思を感じることができるでしょう。
実際に行動に移したという事実があれば、理由を敢えて述べる必要もありません。

そうはいっても、なぜ「患者さんに貢献したいと思ったのか?」と質問される場合は考えられますので、この質問に対する回答は準備しておいた方が良いでしょう。

改善ポイントは2つ

しっかりまとめられた志望動機だと思いますし、よく考えたのだろうと感じますが、気になった部分が2つあります。

漢方薬に興味を持った理由を記載した方が良いと思う

志望動機を読むと、この方は漢方薬に強い興味を抱いているように感じます。
漢方薬と西洋医療の融合された医療を患者さんに提供することが、ツムラに入社して、この方がやりたいことだと思われます。

では、なぜこの方は漢方薬に興味を持ったのでしょうか。
そこがなかなか見えてきません。
ツムラの特徴が漢方薬のエビデンス解明に対する姿勢にあると認識しているのであれば、そこは具体的に述べておいた方が良いと感じてしまいます。

ただ、そうはいっても、エントリーシートに記載する字数は限られている場合がありますので、この方はあえて記載しない選択をした可能性もあります。
もしそうなのであれば、無理に記載する必要はありませんが、質問を想定しておき、面接中に問われたときに具体的に説明する準備は整えておくべきでしょう。

会社の安定性は志望動機で述べることに疑問を感じる

この文章のなかで、最も気になったのはこの文章です。

また、貴社は漢方薬でのシェアが大きいため、安定性を感じました。

この文章についてどう思いますか?

確かに、ツムラは大きな会社で、売上、利益ともに高いレベルで計上しております。
会社として、抜群の安定性を維持していることは間違いありません。
この意見に誤りはないのですが、志望した動機として、会社の安定性を挙げることは賛成できません。

面接官からすると、少し上から目線で言われている感覚を抱いてしまうかもしれませんし、事業の方向性よりも安定性を重視する方なのだと思われてしまうかもしれません。
つまり、安定志向な就活生だと思われてしまうリスクがあります。

安定志向が悪いと言っているわけではないのですが、積極的な考えを持った人材と保守的な考えを持った人材であれば、前者を採用する企業が多いと思います。

改めてになりますが、安定志向が悪いと言っているわけではありません。
安定志向な就活生がそれなりに多いことも事実だと思うのですが、就職面接の中ではその思いは内に秘めておいた方が得策だと思うのです。

ただ、この方の志望動機については、他の部分についてはよくまとめられているため、面接官によっては流してくれるのかもしれませんが、減点リスクを最小限にするためにも記載しなくても良いかと思います。




さいごに

いかがだったでしょうか?

MR職は忙しい職種ではありますが、高収入が狙えるため、志望する人は少なくないと思います。
今回はツムラの志望動機を取り上げましたが、他の製薬会社のMR職を希望する方にも参考になるのではないでしょうか。

志望動機を考えることは大変な作業であると思いますが、少しでも参考にしていただければと思います。