江崎グリコに就職できれば高いレベルでの安定が手に入る

今回紹介する会社は、給料、ワークライフバランスがよく、業績も安定している会社です。
知名度が高いので気になっている人も多いと思いますので、最後までぜひお付き合いください!





江崎グリコってどんな会社?

ご存知の方が多いと思いますが、江崎グリコは菓子業界の大手企業です。
もともとはグリコーゲンという栄養素をきっかけとして創業した会社ですが、今ではお菓子のイメージが強いと思います。

江崎グリコは、「ポッキー」や「2段熟カレー」をはじめとする 食品部門、「カフェオーレ」や「プッチンプリン」などの飲料・デザート部門、「ジャイアントコーン」や「パピコ」などのアイス部門といった幅広い事業展開をしています。
その他にも粉ミルクや、世界で活躍するトップアスリートも使用しているパワープロダクション、糖尿病患者も食すことができるカロリーコントロールシリーズなど、赤ちゃんから大人までのあらゆる年代に向けてサービス提供をしている会社です。

2018年の業績

業績はとても好調で、売上高は5年間上昇を続けています。
直近の決算では、チョコレート菓子の「ビスコ」や「LIBERA(リベラ)」「GABA(ギャバ)」等のチョコレート製品が好調に推移し、アイス事業でも主力の「パピコ」「牧場しぼり」の売れ行きが良かったことから、増収増益となりました。
ヒット商品を数多く抱えていることは大きな強みであり、異物混入などの事件が起きない限り、業績は安泰と予想されます。

新卒採用の募集要項

初任給
大学院・修士卒:233,400円
大学卒:216,000円
※2017年4月実績
高専・短大卒:191,000円
諸手当
家族手当、住宅手当、通勤手当(全額支給)、給食手当 ほか
勤務地
本社及び東京事務所、全国各支店、各生産子会社、海外拠点
勤務時間
8:45 ~ 17:30
※フレックス制度あり
福利厚生
社会保険、持家促進(住宅貸付金・財形貯蓄)、社員持株会ほか
独身寮、社宅、保養所ほか

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

江崎グリコは平均線の上側に位置していることから、給与水準は上場企業の中でも高いことが予想されます。
平均年収は800万円を超えているので、日本の会社の中でトップレベルの給与水準を誇ると考えて問題ないでしょう。

年収事例

実際の年収事例を見ると、イメージしやすいと思うので、口コミサイトの情報を紹介します。

  • 30歳 500万円~600万円
  • 35歳(管理職手前) 800万円
  • 管理職 1000万円

おそらく、江崎グリコに就職できれば1000万円プレイヤーも夢ではありません。
たとえ、管理職になれなかったとしても平均年収800万円の会社ですので、十分すぎるくらいのお金を手に入れることができるでしょう。

また口コミを見ていて感じたこととしては、福利厚生が厚いという声がとても多かったです。
住宅手当はもちろん、単身者用・既婚者用の借上社宅、単身赴任時の毎月の帰省旅費も支給されるみたいです。
待遇は食品業界でトップクラスだと自負している社員が多かったことから、給料は文句なしで高いと考えて問題ないでしょう。

働きやすさについて

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

  • 繁忙期は終電・・なんてこともあるが、長時間労働が常態化しているわけではないので、プライベートとのバランスはとりやすい。
  • こどもの運動会に出席することも問題なくできますし、頻繁に旅行にいく人も多いです。仕事とプライベートのバランスをとれている人が多い気がします。
  • 残業はパソコンで管理されているため、多いときは残業時間を抑えるように指摘されます。ですので、長時間働くということが起きにくい環境にはあります。
  • 個人の裁量で自由に有給がとれますし、効率的に仕事ができていれば何か言われることもありません。仕事と家庭を両立している女性社員も多いです。
  • 今はワークライフバランスを重視して、残業抑制や有給消化を求められます。

上記口コミを見ても分かる通り、会社が積極的に労働環境改善に取り組んでいる様子が見てとれます。
口コミをいろいろ見ましたが、不満の声はとても少ないように感じました。
パソコンのログが取られているようですので、長時間労働は生じにくい環境が整備されていると考えていいでしょう。

ただ、繁忙期は終電ということもあるという口コミから、たまに終電まで働くことは覚悟しましょう。
終電帰りが年中続くとかなり辛いですが、繁忙期の期間限定なら意外に大丈夫な人も思います。
口コミを書いた人も、そうはいってもワークライフバランスはとりやすいと言っているので、必要以上に不安に思うことはないでしょう。
より正確な情報が欲しいのであれば、OBOG訪問やインターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントの活用も検討しましょう。

平均勤続年数の推移

グリコは業績が良くて安定している企業で、給与水準も高く、ワークライフバランスも悪くありません。
しかし、平均勤続年数の推移を見ると、極端に下落していることに気づくと思います。
ですが、安心してください。
これには理由があります。

2015年10月に江崎グリコは、グリコ乳業を吸収合併しました。
それにより、従業員数は2015年3月の1,106人から2016年3月には1,472人まで増加しています。
2016年3月から平均勤続年数が突然下落していることから、グリコ乳業からの配属変更組は、江崎グリコの勤続年数は0年として計算されていると思われます。
つまり、直近の平均勤続年数は短いですが、実際の平均勤続年数は合併前の高い水準と考えることができます。




さいごに

いかがだったでしょうか?
江崎グリコに入社できれば、お金と時間を手に入れることが可能です。
ロングセラー商品も多いことから、急激な業績悪化も考えにくいですので、安定を求める人におすすめできる会社です。
高いレベルでの人生の安定を実現できるため、内定がもらえれば、就職活動勝ち組と考えていいでしょう!




就職したい企業が見つからない方へ

MeetsCompanyへの参加を検討してみてはいかがでしょうか?
様々な業界の会社の話を聞くことができますので、関心の幅を広げるという意味でも、非常によい場だと思います。

  • 年間のサービス利用者約10万人、就職決定者約5000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
  • 東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等全国各地で採用イベントを開催。
  • 東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能

参考になる動画