2018年の金融業の平均年収ランキングをまとめました。
ランキングの対象は上場企業です。




金融業の平均年収ランキング

金融業にご関心がある方で、就職先に給料の高さを求める就活生は必見です。
では、ご覧ください。

会社名 年収
1 日興アセットマネジメント 1621万円
2 日本証券金融 941万円
3 中部証券金融 870万円
4 オリックス 856万円
5 芙蓉総合リース 845万円
6 東京センチュリーリース 824万円
7 みずほ信託銀行 801万円
8 スルガ銀行 800万円
9 日立キャピタル 796万円
10 フィンテックグローバル 791万円
11 あおぞら銀行 791万円
12 三菱UFJリース 776万円
13 新生銀行 775万円
14 Jトラスト 761万円
15 横浜銀行 761万円
16 信金中央金庫 760万円
17 静岡銀行 754万円
18 興銀リース 738万円
19 千葉銀行 725万円
20 NECキャピタルソリューション 725万円
21 阿波銀行 713万円
22 群馬銀行 707万円
23 七十七銀行 697万円
24 リコーリース 694万円
25 滋賀銀行 688万円
26 アサックス 687万円
27 常陽銀行 686万円
28 百五銀行 685万円
29 第四銀行 677万円
30 セブン銀行 668万円
31 十六銀行 664万円
32 東日本銀行 663万円
33 イオンフィナンシャルサービス 663万円
34 伊予銀行 662万円
35 八十二銀行 661万円
36 中国銀行 661万円
37 広島銀行 657万円
38 UCS 656万円
39 山梨中央銀行 656万円
40 北洋銀行 655万円
41 全国保証 652万円
42 京都銀行 652万円
43 岩手銀行 649万円
44 東京都民銀行 645万円
45 西日本シティ銀行 643万円
46 愛知銀行 642万円
47 北國銀行 641万円
48 山陰合同銀行 641万円
49 九州リースサービス 639万円
50 肥後銀行 636万円
51 八千代銀行 632万円
52 山形銀行 632万円
53 大垣共立銀行 632万円
54 秋田銀行 630万円
55 青森銀行 627万円
56 関西アーバン銀行 625万円
57 名古屋銀行 625万円
58 武蔵野銀行 623万円
59 東邦銀行 622万円
60 北越銀行 622万円
61 鹿児島銀行 619万円
62 清水銀行 618万円
63 愛媛銀行 616万円
64 南都銀行 615万円
65 ジャックス 614万円
66 十八銀行 612万円
67 京葉銀行 611万円
68 四国銀行 611万円
69 百十四銀行 610万円
70 大分銀行 606万円
71 宮崎銀行 604万円
72 佐賀銀行 601万円
73 栃木銀行 596万円
74 オリエントコーポレーション 595万円
75 長野銀行 595万円
76 アコム 595万円
77 千葉興業銀行 594万円
78 第三銀行 584万円
79 中京銀行 583万円
80 三重銀行 580万円
81 中道リース 576万円
82 筑波銀行 571万円
83 みちのく銀行 570万円
84 みなと銀行 570万円
85 南日本銀行 567万円
86 大光銀行 560万円
87 イー・ギャランティ 559万円
88 福岡中央銀行 559万円
89 沖縄銀行 559万円
90 福井銀行 551万円
91 東和銀行 550万円
92 アイフル 549万円
93 ポケットカード 548万円
94 琉球銀行 535万円
95 高知銀行 526万円
96 トマト銀行 522万円
97 富山銀行 517万円
98 筑邦銀行 513万円
99 クレディセゾン 504万円
100 東北銀行 503万円
101 北日本銀行 502万円
102 鳥取銀行 485万円
103 福島銀行 484万円
104 宮崎太陽銀行 477万円
105 大東銀行 475万円
106 GFA 465万円
107 アプラスフィナンシャル 465万円
108 豊和銀行 459万円
109 アクリーティブ 450万円
110 島根銀行 441万円





1位が日興アセットマネジメント、2位が日本証券金融、3位が中部証券金融という結果になりました。
金融業と聞くと銀行をイメージされる方が多いと思いますが、金融業は数多くの会社が携わっています。
オリックスも今や金融業の会社ですし。
そして、スルガ銀行が上位に位置しておりますが、最近の問題で今後の給与水準は非常に不透明であることはご認識しておいた方がよいでしょう。

あと、1つ留意点として、このランキングにはホールディングス化した企業を含めておりません。
例えば三菱UFJフィナンシャル・グループなどです。
ホールディングス化している企業については、平均年収の開示は親会社だけで、子会社は開示されていないのです。

三菱を例にとると、親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループに所属するごく僅かな人数の平均年収は開示されていますが、三菱UFJ銀行の平均年収は開示されていないのです。
したがって、誤解を与える可能性を鑑みてランキングから除外しておりますのでご注意を。

ただ、メガバンクの給料は間違いなくトップ5には食い込みますので、給料が高い就職先を望むのであれば、三菱、みずほ、三井住友は応募することをおすすめします。







コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください