大東建託はお金重視でプライベートを捨てる就活生に最高の就職先

今回紹介する会社は、ハードワークで有名な会社です。
ただ、お金は青天井ですので、魅力がないわけではありません。
自分の価値観をしっかり把握した上で、就職を考えましょう。





大東建託ってどんな会社?

大東建託は「いい部屋ネット」の会社です。
CMでもよく見かけますよね。
売上高は1兆円を超え、社員数も1万人を超える、超大企業です。

建物の賃貸事業と不動産管理事業を主力事業としていて、サブリース方式で成長を続けてきた会社です。
サブリースとは一括借り上げのことですが、そういわれても、よく分かりませんよね。

大東建託を例にすると、地主に「アパートを建設しませんか?」ともちかけて、地主はアパートを建設します。
そしたら、地主は大東建託にアパートを貸して、大東建託は入居者を募ります。
地主は、大東建託から賃料をもらい、大東建託は実際の入居者から賃料をもらう関係ができあがります。
これをサブリースと言い、つまりは又貸しのことです。

2018年の業績

業績ですが、5年間一貫して右肩上がりに上昇しています。
直近の決算では、連結売上高は1兆5千億円を超えました。

大東建託はハードワークで有名な会社で、営業部隊はかなりエグイ営業を行っているようです。
このあと説明しますが、社員のお給料も青天井ですので、良し悪しではありますが。
会社のブランド力を武器に、ひたすらに地主に営業をかけ、成約できれば賃料を貰い続けることができますので、必然的に売上は上がり続けます。
典型的なストックビジネスです。

職場環境についての情報

会社の概要について簡単に把握できたところで、職場環境について考えていきましょう。
給与水準と働きやすさについて分析しています。

給与水準2018

下図は上場企業3235社の平均年齢と平均年収を散布図にしたものです。
中央に引かれているピンクの線が平均線です。
つまり、平均線より上側にあれば上場企業の中で給与水準が高く、下側にあれば上場企業の中で給与水準は低いと判断することができます。

大東建託は平均線の上側に位置していることから、給与水準は上場企業の中でも高いことが予想されます。

完全成果型の企業ですので、給与水準は必然的に高くなります。
仕事の出来ない人は、給料が上がらない環境が続き、退職せざるをえなくなりますから。
できる人だけが生き残ることができる世界です。

営業能力の高い人は給料は非常に高く、契約を取ってこれなければ給料は日本人の平均以下になります。
20代で年収が1,000万円を超えるような人がいれば、30を過ぎても年収は500万円の人もいるような組織です。
稼いでいる人は、年収1億円弱という事例もあるみたいです。
本当に営業に長けている人であれば、上場企業の取締役よりも稼ぐことが可能です。
その意味で、外資保険会社と構造がとてもよく似ています。
できる人にとっては、給料は青天井です。

年収事例

上場企業の中での給与水準の相対的な位置付けが分かったところで、具体的な年収事例を確認しておきましょう。
具体的に確認すると、この会社の実情がよく分かります。

  • 新卒3年目 650万円
  • 新卒5年目 900万円
  • 新卒5年目 1000万円
  • 30歳 1400万円
  • 32歳 1200万円
  • 36歳 1000万円
  • 中途2年目 2000万円

上記事例を見ても分かる通り、年収のバラつきが大きく、年功序列の考え方は全く当てはまらない会社です。
若くても成果さえ出せれば、年収1000万円程度なら簡単に手に入れることができます。
学歴も、何も関係ありません。
必要とされるのは、営業力のみです。

大東建託は毎年、営業成績が良い人を家族込みでハワイ、マカオ、オーストラリアなどに招待しています。
本当に外資保険会社のような会社です。
たしか、プルデンシャル生命も営業上位は毎年ハワイで表彰式が開催されていますよね。
大東建託は日本企業でありながら、外資企業のような会社です。

働きやすさについて

働きやすさを正確に測るためには、掲示板や転職口コミサイトの口コミ情報をみることが一番です。(「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」参照)
口コミ情報をいくつか抜粋してきたので見てみましょう。

  • 定時に帰宅することは不可能。定時に帰宅しようと考えている社員なんて一人もいない。
  • 営業の人は、土日どちらかは絶対に出勤している。基本的に休みは週に1日だけ。
  • 成績を上げていないのに休むと、周りのよくない視線を感じてしまう。
  • 有給の取得し易い環境など、一切なかった。家庭との両立は考えるべきではない。
  • 大変の社員にプライベートはない。一部の営業成績が良い人は、よく休んでいるが。
  • 管理職になれば、より一層プライベートはなくなる。

まず、この会社に入るのであれば、ワークライフバランスを求めてはいけません。
おそらく働きやすさを求めている社員はおりませんし、会社自体も働きやすさを求める社員を欲してはいないと思います。

口コミを見ると本当に過酷な環境を感じてしまいますが、社員の多くが不満を抱いているかというと、そうではないと思います。
むしろ、忙しくてもお金が欲しいというタイプの人が集まっておりますので、全体的な従業員の満足度は低くないと思います。

一番不幸なのは、何も実情を知らないで就職することです。
営業成績がよければ、バランスもとれるのかもしれませんが、そんな人は本当に一部の人だけです。
そう簡単に地主の人を説得してアパートを建設してもらえるとは、到底思えませんので、仕事とプライベートのバランスを図るにはかなりの時間を要すると思います。
就職するのであれば、お金のために本当に頑張れる、そんな意志が必要でしょう。
ただ、他の会社に比べるとハードワークであることは間違いないと思いますので、長く働き続けることは難しいとは思いますが。

平均勤続年数の推移

大東建託の平均勤続年数は上場企業の中でも最低クラスです。
ここ最近平均勤続年数が上昇してはいますが、それでもたったの8.1年です。
22歳に入社したとして、ほとんどの人が30歳前後で退職していく計算になります。

ほとんどの人が、ワークライフバランスを理由に辞めていきますので、ワークライフバランスを少しでも求めるのであれば就職を控えた方が無難でしょう。
その方が、会社にとっても就活生にとっても幸せだと思います。





さいごに

いかがだったでしょうか?
大東建託は完全成果主義の会社ですので、給料は高いですが、ワークライフバランスを求めることはできない会社です。
入社する人はそれを知っていて入社していると思いますが、それでも辞めていく人は多いです。
つまり、大東建託で働き続けることは、想像以上に大変であることが予想されます。
就職するのであれば、本当にプライベートをすべて犠牲にできるか、再度自分に問いかけたうえで就職を決めましょう。
一度きりの就職活動は今後の人生を大きく左右しますので、当サイト以外にも公開情報、就活サービスサイト、キャリア相談を含めたOBOG訪問、インターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントを活用しながら、幅広く情報収集して十分な検討を重ねることをおすすめします。




就職したい企業が見つからない方へ

MeetsCompanyへの参加を検討してみてはいかがでしょうか?
様々な業界の会社の話を聞くことができますので、関心の幅を広げるという意味でも、非常によい場だと思います。

  • 年間のサービス利用者約10万人、就職決定者約5000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
  • 東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等全国各地で採用イベントを開催。
  • 東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能

参考になる動画