就活生の皆さん、給料が低くて、ワークライフバランスをとりにくい会社に就職するのは嫌ですよね?

どうせ就職して働くのであれば、お給料が良くて、プライベートのバランスをとりやすい方が良いはずです。

今回紹介する会社は、お金と時間の面で魅力が薄いかもしれません。
それでは、実際に見ていきましょう。





業績は好調に推移している

サイバーコムという会社をご存知でしょうか?
富士ソフトの子会社と言えば、ピンと来る人もいるかもしれません。
創業は意外に古くて、1978年創業です。

通信系のソフトウェア開発を得意としていて、最近では、車載システム、医療向けシステム、生保システム、ECサイト構築、電子マネー・クレジット決済システム、エネルギー関連のシステム開発と、幅広く事業を展開しています。
また、2016年4月に東証1部に昇格しました。

業績ですが、東証1部に昇格したくらいなので、とても好調です。
売上高は、上場企業の中ではまだまだ大した規模ではありませんが、勢いよく年々増加しています。
最終利益率も安定的に確保できていることから、業績には問題なしです。

業績が上がっても社員の給料は上がらない

通常の優良企業であれば、当然にして業績が上がれば社員の給料が上がります。
逆に、業績が良くても社員の給料が上がらなければ、嫌な気持ちになりますよね。

ただ、サイバーコムでは、その点に疑問を抱いてしまいます。

下図の平均年収の推移をご覧ください。
直近の平均年収ですが、2013年と比べると多少上昇してはいますが、2015年と比べると減少しています。
5年間ほとんど平均年収の増減がありません。

確かに、給料は一度上げてしまうと、なかなか下げにくいことは確かです。
しかし、もう少し社員への還元を図ってもよいのでは?と思ってしまいます。

給与水準はトップレベルに低い

結論を先に言ってしまいますが、サイバーコムの給与水準は、システム会社の中で低い水準にあります。

以下の図を見てください。
システム会社45社の平均年収と平均年齢の関係を散布図に表しているのですが、サイバーコムはピンクのライン(平均線)を大きく下回っていることが分かります。
つまり、給与水準は、他のシステム会社に比べて低い可能性が高いです。

年収事例

実際の年収事例を確認してみましょう。
その方が、イメージしやすいと思います。
口コミサイトの情報を紹介しますので、ご覧ください。

  • 新卒1年目 300万円
  • 20代前半 350万円
  • 新卒入社8年目 450万円
  • 新卒入社15年目 450万円
  • 中途入社40歳 450万円~500万円 350万円~400万円(なかのひと様のコメントを受けて2018年1月27日修正)

どう感じますか?
新卒15年で年収450万円という水準だと、上場企業の中ではかなり低いと思います。
給与水準が低い業界として有名な小売業の会社でも、ここまで低い水準の会社はなかなかありません。

毎年昇給はあるものの、昇給幅は2,000円~3,000円と低額です。
また、社宅も完備されていて、新人は30,000円、2年目以降は40,000円で居住できるようです。

社宅があると言われるといいなーと思う人もいるでしょう。
本当かどうかは分かりませんが、そもそも50,000円ほどの物件を社宅として利用しているので、ありがたみは全くないという意見もありました。

どちらにせよ、お金を求めるのであれば、サイバーコムへの就職はおすすめできません。

ワークライフバランスは捨てる覚悟を

ワークライフバランスは判断が難しいのですが、良くはないと思います。
むしろ、入社するのであれば、期待しない状態で入社したほうが無難です。

基本的に、業務スタイルが客先常駐ですので、忙しいときもあれば、そうでないときもあります。
つまり、プロジェクトの内容に大きく左右されてしまうのです。
忙しいプロジェクトのときは、休日出勤も多いようです。

実際に、口コミサイトに掲載されていた社員の口コミを見てみましょう。

と、その前に一つだけ。
就活成功のためには企業口コミサイトは非常に有益な情報が溢れておりますので、活用を検討してはいかがでしょうか。
詳しくは、「就活成功のために!キャリコネ、Vorkersを使いこなそう」をご覧ください。
では見ていきます。

  • 客先常駐なので、プロジェクトに依存する。
  • 年間残業700時間、有給消化0という人も珍しくない。
  • 土日出勤はほぼないが、平日は非常に忙しい。
  • 炎上しているプロジェクトにアサインされると、爆発的に残業時間が増える。
  • 毎日定時退社ができるプロジェクトもあれば、頻繁に残業、休日出勤しなければいけないプロジェクトもある。
  • 業界全体に言えるが、残業や休日出勤が多い。リリース時期やトラブル発生時期はプライベートは全くない。

プロジェクトに左右される面はあるものの、プライベートを充実できている人は少ない印象です。
やはり、ワークライフバランスを求める方は、別の就職先を選ぶことをおすすめします。

また、少し別の話になりますが、サイバーコムは給与水準がとても低い会社です。
つまり、ある程度の残業をしないと、そもそもプライベートを充実できない可能性があります。

お金が無ければ遊ぶこともできませんよね?
そういう意味でも、仕事とプライベートのバランスを図ることは非常に難しい会社だと思います。

平均勤続年数はたった10年

業績が良くても給料は上がらず、そもそも給与水準は業界の中でも低い会社です。
その上、ワークライフバランスは保ちにくい可能性が高く、残業をしなかったらしなかったで、お金に余裕が無くなってしまいます。

実際に平均勤続年数はたったの10年です。
上場企業でこんなに短い会社はそう多くはありません。

就職したとしても、結局はすぐに転職することになるかもしれないので、サイバーコムの就職は慎重に検討することをおすすめします。





さいごに

いかがだったでしょうか?
改めてになりますが、給与水準は低く、ワークライフバランスを保つことが難しい可能性が高い会社です。

業績が好調でも平均年収がなかなか上がらなかったことから、今後も給料アップを見込むことは難しいでしょう。
一度きりの就職活動は今後の人生を大きく左右しますので、当サイト以外にも公開情報、就活サービスサイト、キャリア相談を含めたOBOG訪問、インターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントを活用しながら、幅広く情報収集して十分な検討を重ねることをおすすめします。