数ある企業のなかで、私が最もおすすめしない就職先の一つが銀行です。
銀行は学歴が高い人が多く就職していて、世間からは優良就職先と考えられていますが、今の時代、銀行ほどヤバイ就職先はないと思います。

これは価値観なので全てを押し付けるつもりは全くないのですが、銀行は完全な負け組就職先です。
たしかに、一昔前までは銀行という選択肢は決して悪くありませんでしたが、ここ10年ほどで180度状況が変わったような気がします。





銀行の業務内容

まずは、銀行員の業務を説明しましょう。
銀行の総合職の配属は、顧客の種類で個人と法人の大きく分けて2つの区分が存在します。

個人営業(リテール)

一つ目が個人営業、俗にリテールと呼ばれます。
そのなの通り、個人を対象にした営業を行う部隊です。

例えば、個人で持っているお金を運用したいという相談があったときには、保険や証券などの金融商品を提案したり、家を購入したい人に住宅ローンを提案したりすることが主な仕事です。

法人営業

二つ目が、法人営業と呼ばれるもので、法人を相手に営業を行う部隊です。
つまり、会社の社長、役員、幹部などと交渉を行います。

例えば、新規設備投資や企業買収などを会社が計画しているとします。
その時、必ず必要になるのは資金です。
もちろん、自己資金だけで設備を買ったり企業を買収できれば銀行は必要ないのですが、基本的には多額の資金が必要になるので、会社は銀行を頼らざるを得ません。
そこで、会社が必要とする額を貸してあげるというのが、基本的な法人営業の仕事です。

銀行員は他の業界では使い物にならない

さて、ここからが本題です。
まずは、銀行の業務から銀行に就職した場合のデメリットを考えていきましょう。

銀行の業務はお伝えした通り、基本的には個人営業と法人営業のどちらかに配属されます。

個人営業に配属された場合、金持ちやお年寄り相手にに金融商品を売りさばくことが主な仕事です。
たとえ、自分の心の中で悪い商品だと思っていたとしても、もちろんノルマが課されますので売らなければなりません。

結果は最悪ですね。
売りたくないものを売らされ、別にノルマを達成しても賞与に反映されることもなく、金持ちやお年寄りを軽く欺きながら売ることになるのです。

また、基本的には銀行で販売している金融商品なんて、条件の良いものがあるわけないのです。
口座開設などで窓口に行くと必ず金融商品を紹介されるのですが、銀行の店頭販売している商品に惹かれたことは一度もありません。

次に法人営業に配属された場合を考えていきましょう。
法人営業は会社を相手にひたすらお金を貸し付けます。
運転資金、設備投資資金など、ひたすら貸します。

さて、ここで、あなたが社長の立場で考えてみましょう。

資金が突然必要になり、1億円を銀行から借りなければなりません。
その時、A銀行とB銀行の担当者に連絡を取り、金利を確認しました。
A銀行では1.0%、B銀行では0.5%です。

あなたはどちらの銀行からお金を借りますか?

迷うことなくB銀行ですよね。
A銀行からお金を借りたら利息が年間100万円発生するのに対し、B銀行からお金を借りれば50万円しか発生しないのですから。

では、もう少し条件を付け加えましょう。

A銀行の担当者はとっても優しい人で仕事もできそう、B銀行の担当者は会話も弾まなくて頭も悪そうです。

どちらの銀行から借りますか?

もちろん、B銀行ですよね。
担当者が仕事ができてもできなくても、あなたが社長なら絶対に金利が低いところからお金を借りるはずです。
どうしてもB銀行の担当者が気に入らなかった場合、A銀行の担当者にB銀行の金利を伝えて、A銀行の金利を下げさせることもあり得るでしょう。

お気づきかもしれませんが、会社にとって金利さえ低ければ担当者なんてどうでも良いのです。
つまり、銀行員の存在意義はそんなものです。
お金を貸す仕事で差別化できるところは、金利だけですから。

そんな環境で何年働いても、力がつくはずもありません。
つまり、銀行で働くことで、他の業界で役に立つ力を身に付けることはほぼ不可能に近いのです。

銀行の収益性は悪化

ここで、一つの疑問がわくと思います。
なぜこれまでの間、銀行はつまらない業務しか行わない職場にもかかわらず、人気の就職先であり続けられたのでしょうか?

これも答えは簡単です。
銀行は潰れることもなければ、かつ収益性がとても高い会社だったからです。
安定を好む日本人にとっては、これ以上ない就職先です。

倒産する可能性は極めて低く、収益性が高い、つまり給料も非常に高いです。
何も考えずに過ごしていれば、良い人生が送れる就職先だったのです。

でも今はどうでしょうか?
本当に潰れないと言えるでしょうか?
これまでは、転職する必要性がなかったので、他の会社で通用する人間に成長する必要もなかったのですが、今はそんなこと言ってられる状況ではありません。

マイナス金利という言葉を聞いたことはありますよね?
今、金利は未だかつてないほど低い水準です。
つまり、お金を貸しても貸しても、収益は生まれない世の中になっているのです。

一方で銀行は多くの支店を抱え、従業員も死ぬほどいます。
収益は下がっているのに、コストは全く下がらない状況です。

そんな危機的状況にある銀行に、どんな打開策があると思いますか?
そう、リストラです。
三菱、みずほ、三井住友、全てのメガバンクで人員削減を画策しています。

【人員削減計画】
三菱:9,500人(期限は定めていないが自然減を予定)
みずほ:19,000人(2026年度末までに)
三井住友:4,000人(2019年度末までに)

それはそうですよね。
金を貸すだけの組織なんて、そんなに従業員や支店を必要とする訳がありません。

今は、ネット銀行や一般事業会社でもお金を貸すことができます。
個人的には、銀行ほど夢がない会社はないような気がします。

転職したい銀行員が続出

最近、ニュースで銀行員の転職エージェント登録件数が増えてきたということを聞きました。
一生を託せる企業でないと感じれば、転職を考えることは当然です。

ここで一つ考えてほしいことがあります。
転職を考えたとき、独身なら何の問題もないのですが、結婚している場合はどうでしょう。

奥さんは許してくれるでしょうか?
奥さんの両親に何と説明すれば良いのでしょうか?

業績は落ち込んでいるとはいっても、銀行の給料は一般企業に比べれば、はるかに高いです。
転職すれば、間違いなく給料は下がります。
でも、銀行はリストラをしたがっている・・・

奥さんは転職を許してくれず、やめたくてもやめられない。
会社も自分のことを全く必要としていない。
残された道は、事業会社への出向です。

銀行では使えない社員は、容赦なく出向させられます。
出向先は、もちろん自分で選ぶことはできません。
出向先で馴染むことができればよいですが、働きたくもない職場で長年働かなければならない状況に陥ったら、毎日が苦しくなるのは容易に想像できます。

ただ、最近では出向先の事業会社も銀行員が使えないことが分かってきたので、拒否されることが多いという記事もありましたが・・・
とにかく、よく分からない会社に出向させられて、一生を終えるのです。

最悪の場合、うつ病になりますね。
自分の存在意義を失ってもおかしくありません。

銀行員の転職先ってどこ?

銀行員の傾向として、やはり同業に転職することが最も多いようです。
ただ、ここで注意していただきたいのは、大きい金融機関から小さい金融機関への転職は可能でも、その逆は非常に難しいです。

多くの人が、在籍していた銀行から雇用条件を落として転職します。
信用金庫、リース、保険、証券といった金融機関が多いでしょう。
外資系への転職は現実的には難しいと考えられます。

そのほかになると、経営企画や経理などの間接部門へ転職されるケースが多いでしょう。
ただ最近では、経理は自動化されていますし、銀行員の出る幕はないような気がしますが。

経営企画部に転職するケースもありますが、かなり優秀でないと大企業の経営企画部への転職は難しいでしょう。
選ばなければどこでもあると思いますが、給料を維持することはかなり難しいです。

内定辞退者も多数

低金利を背景に、銀行の業績が悪化しているという情報は、大学生の中には深刻に受け止めている人も少なくありません。
そのため、足元では内定辞退者が大量に発生しているのです。

もちろん、就活生は何社も面接を受けるため、内定辞退をすることは当然です。
しかし、ここ最近は銀行の内定を蹴っている人が非常に多いようなのです。

個人的には、内定辞退を決意した大学生は、かなり賢い選択だと思います。
現在の状況で何も考えずに銀行に就職することほど、リスクが高いことはありませんから。




さいごに

これまで銀行のことを散々悪く行ってきましたが、銀行の中にも優秀な人は少なからずいると思います。
ただ、そのような人たちはどこに行っても活躍できる人材です。

問題は普通の人が、銀行に入社してしまうケースです。
他の会社へ行けば成長できたかもしれないのに、銀行に就職してしまったばっかりに、その社風に染まり、どこに行っても役に立たない人材になりかねないのです。

銀行にも良いところがあります。
それは、銀行員には会社の人が非常に優しいのです。
それがたとえ新入社員であっても。

やはり会社側からすると、お金を貸してもらっている手前、銀行員に逆らうことはできないのです。
ですので、会社とのコミュニケーションは非常に取りやすい環境にあるので、その意味で働きやすい環境ではあると思います。

ただ、そうは言っても、人生を銀行に捧げるのはリスクが高いと思いますので、銀行への就職はよく考えたうえで決断することをおすすめします。
一度きりの就職活動は今後の人生を大きく左右しますので、当サイト以外にも公開情報、就活サービスサイト、キャリア相談を含めたOBOG訪問、インターンシップ、場合によってはキャリアチケットをはじめとした就活エージェントを活用しながら、幅広く情報収集して十分な検討を重ねることをおすすめします。